トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップTOEFL®TEST 資格試験 > 海外トップスクール進学コース
I-Prep(海外トップスクール併願コース)
 海外名門大学を目指す方へのサポートコースです。米国アイビーリーグを代表する難関校は、合格基準が非常に厳しく、英語力、学校の成績のみならず、出願者の個性や将来性、リーダーシップなど様々な視点で審査アを行っています。このコースでは、出願校選定から書類作成に至るまできめ細やかな個別サポートで難関大合格を目指します。特に重要な出願エッセイはプロ講師と構想段階からカウンセリングを重ね、徹底した添削指導で仕上げていきます。
◆出願までに理想のタイムライン◆
高校2年生〜高校3年生春 SATスコア取得
高校3年生夏〜高校3年生秋 エッセイ作成・出願
トフルゼミナールからの合格者(一部抜粋)
  • University of California Los Angeles
  • Georgia Institution of Technology
  • Purdue University
  • New York University
  • Wesleyan University
  • Carlton University
  • University of Wisconsin Madison
  • Boston University
  • American University
  • University of Michigan Ann Arbor
  • Rutgers University
  • Pennsylvania State University
  • University of Toronto
  • McGill University
  • University of British Colombia
  • University College London
自分を最大限アピールできる出願書類作成のプロセスをプロがしっかりサポートします。
●対象学年● 高2生(G11)〜高3(G12)
  • SATテスト対策
  • 出願校選定カウンセリング
  • エッセイ作成カウンセリング・添削指導
  • 出願書類作成・チェック
※コース入学のための選抜条件あり:学校の評定平均(GPA)、英語力などで選抜を実施を行います。
※テスト対策が不要の方は、出願サポートのみの申し込みも可能です。
大学生活レポート 「ニューヨークの街がキャンパス」
色々な機会に恵まれる都市型大学
 私がマンハッタンにあるニューヨーク大学を希望した理由は、東京や海外の都市で育った私にとって田舎すぎる環境が合わないと思ったのと、何より都会にはいろいろなチャンスがあると思ったからです。実際、2年生からインターンを開始し、国連の会議を見る機会がありました。NYUにはインターンの募集がたくさんきており、2年生くらいからほとんどの学生がインターンをしています。NYUは広大なキャンパスはなく、マンハッタンの街のNYUの旗があるビル(校舎)で授業をします。それぞれ校舎間は徒歩で移動ができるので、まさに街がキャンパスです。立地的にもインターンと学校の両立がしやすいのは魅力です。都会ということで治安の不安はありましたが、24時間使える図書館と寮は無料シャトルが走っているので安心です。

1年目からイギリス留学
 私はLiberal Studies Programというコースに所属しており、このコースは1年間、海外のNYUキャンパスに留学することになっています。私は、入学と同時にロンドンのNYUに通学しました。NYUはアブダビや上海など、世界にいくつものキャンパスを持っています。アメリカだけでなく他の国で勉強する機会があるのもとても魅力でした。ロンドン校では少人数で学ぶことが出来てとても刺激的な1年でした。2年生からはニューヨークキャンパスで寮生活をしています

充実した学生生活
 1年生からディスカッション中心の授業です。普段から、授業のために多くの本を読みます。でもひとつひとつが興味深いので全く苦には思いません。試験前は図書館も席がなくなるほど混み合いますが、寮やカフェなども使いながら勉強しています。

私立ならではの手厚いサポート
 NYUは費用が高い学校としても有名です。でも、奨学金制度がとても充実しているので、私も奨学金サポートを受けて通っています。高いからと言って決してあきらめないでください。

海外大学を選んだ理由
 大学に入ってしっかり勉強したかった。これに尽きます。日本の大学も楽しそうで魅力的でしたが、様々な人と意見を交わしながらとことん勉強ができる海外のトップスクールこそが自分が学びたい場所だと思いました。教養課程で勉強していく中で先生方とカウンセリングを重ね、私は教育学を専攻することに決めました。専門課程では、児童心理や、政策面から教育について学ぶ予定です。NYUは学生の多様性を重視しており、色々なバックグラウンドの学生が勉強しています。日本から来た留学生はインターナショナルスクール出身の人が多いですが、日本の高校からもどんどんチャレンジするべきだと思います。多様性を重視するNYUはきっと志を持った日本人学生を歓迎すると思います。

閉じる
IVYリーグ進学プログラム
米国東海岸のIVYリーグ8校への合格を中学3年生から目指すコースです。
「IVYリーグ人間力養成講座」でクリティカル・シンキングを徹底トレーニングします。
IVYリーグ人間力養成講座 (定員10名)
合格を決めるキーポイント「クリティカルシンキング」のトレーニング授業
100%英語講座

英語でのディスカッション形式の授業です。平凡な評価基準ではなく、ユニークな考えのもとで、自分の主張ができるようになるためさまざまな課題に取り組み、活発な議論を通じて論理的思考(問題解決力・コミュニケーション力・仮説構築力)を鍛え、オープンかつ知的に自分自身を表現できるような感性を養っていきます。  
トップスクール進学指導のベテランであるネイティブ講師が担当する「学ぶ喜びと興奮を体感できる」レベルの高いエキサイティングな授業です。

こんな方に最適
中学3年生で将来アメリカ東海岸のIVYリーグに進学希望者

受講科目例 週1日〜3日通学(英語力により異なります)
TOEFL®Test 対策Prep. 4科目
●通学・e-school・個別指導から選択

IVYリーグ人間力養成講座I(週1回)

興味のある方、ご検討のための個別カウンセリングを実施します。 ご予約の上、ご来校ください。
トフルゼミナール大阪校
トフルゼミナール渋谷校
中学1年からの留学で、超難関ボーディングスクールからのIVYリーグへ進学を目指す!!
潜在能力を目覚めさせ、思考力を育てるお勧めの中学からの米国留学!!
IVYリーグ進学のための3Step
Step1
トフルゼミナール
ジュニアボーディングプログラムでの留学準備
Step2
ジュニア
ボーディングスクール
The 10 Schoolsなど超難関ボーディングスクール進学に向け準備をします。
Step3
超難関
ボーディングスクール
The 10 Schoolsなどの超難関ボーディングスクールでIVYリーグを目指します。
進学先
米国IVYリーグへの進学
Step1「ジュニアボーディング留学プログラム」で留学準備
*出願は小学6年生の10月〜12月

将来のIVYリーグ進学を見据えた超名門ボーディングスクールへ進学にはジュニアボーディングと呼ばれる中学1年生からの留学をお勧めします。 

高校からの難関ボーディングスクールへの入学は、英語力が必須だからです。特に10スクールやESLのない難関校に入学して学ぼうとする時、日本での成績がオールAdemo、ネイティブ並みの英語力がなければ考査の対象にすらなりません。中学3年生までに日本の教育の中でネイティブ並みの英語力を身につけることは至難の業ですので、まずは質の良いジュニアボーディングに留学することが、将来のアイビーリーグ進学の第一歩となります。

ジュニアボーディング進学準備は遅くとも小学6年生の4月から開始します。トフルゼミナールのLanguage & Human Skills(以下L.H.プログラム)は、学習者がその英語力に応じて最も効果を挙げられるレベルから受講し、ステップアップ方式により4技能の英語運用能力の向上を図れるプログラムです。

閉じる
Step2 ジュニアボーディング留学 *トフルゼミナール提携先に留学
トフルゼミナールの現地アカデミックサポートにより、超難関ボーディングスクール受験準備が万全

 トフルゼミナールでは、10スクール入学準備のためのジュニアボーディング留学先として、特におすすめの学校を選定しております。その中の1校であるノースブロワード高校ではトフルゼミナールの現地サポートにより、トップ大学進学サポートの経験豊かなベテランカウンセラーが、10スクール合格へ向けて、全面的にバックアップを行います。

★トフルゼミナールのおすすめするボーディングスクール例★
〔The North broward Prep. School〕アメリカ・フロリダ州・フォートローダデール
【創立】1957年 【タイプ】私立・共学 【対象学年】6〜12学年
【学生数】約700名(留学生21%)
【滞在方法】学生寮 【AP/Honors】コース設置あり

 大学進学のために充分な学力を養成するため、芸術、運動、地域活動、環境研究、海外研修プログラム及び技術における幅広い分野において、あらゆる角度からの指導を実施しており、大学への合格率は100%という進学校です。また、学生の潜在能力やモチベーションを最大限引き出すことを、教師とスタッフが一丸となってサポートし、また整った環境を最大限利用しながら、ハーバード大学、ペンシルバニア大学などのトップスクールへの進学を果たしています。

 学生寮は約15人に1人の割合でハウスマスターが滞在しており、緊急時の対応を始めとしたケアが充実しています。

*上記の他ボーディングスクールの詳細はトフルゼミナール大阪校・渋谷校まで。

閉じる
Step3 超難関ボーディングスクール(中3〜高3)へステップアップ
-IVYリーグ合格のチケットを手にする第一歩-
●The Ten Schools(米国の有名進学高校10校)とは・・

 米国には、10スクールと呼ばれる、超難関ボーディングスクールが10校あります。歴史的起源が古く、学術的にも高いレベルアイビーリーグ進学にも強い超名門校です。高校版アイビーリーグと言えるでしょう。

 これらの高校に入学することは、アイビーリーグへの合格の可能性を大きく引き上げ、ハーバードを始めとする世界トップ大学進学がより現実的な選択肢となります。

●The Ten Schools(米国の有名進学高校10校)●
  • フィリップスアカデミー
    (1778年創設・マサチューセッツ州)
  • フィリップスエクセターアカデミー
    (1781年創設・ニューハンプシャー州)
  • ディアフィールドアカデミー
    (1797年創設・マサチューセッツ州)
  • ザ ローレンスビルスクール
    (1810年創設・ニュージャージー州)
  • ザ ヒルスクール
    (1851年創設・ペンシルバニア州)
  • セントポールズスクール
    (1856年創設・ニューハンプシャー州)
  • ザ ルーミスチャフィースクール
    (1874年創設・コネチカット州)
  • チョートローズマリーホール
    (1890年創設・コネチカット州)
  • ザ ダフトスクール
    (1890年創設・コネチカット州)
  • ザ ホチキススクール
    (1891年創設・コネチカット州)
閉じる
一時帰国生対象:アイビーリーグ進学プログラム

 トフルゼミナールでは海外からの一時帰国生でアイビーリーグ進学を希望する方にアイビーリーグ進学プログラムを開講しています。アイビーリーグは全部で8校あり、どれも魅力的な大学です。全てに出願することも可能ですが、自分に『Fit』する大学はどこなのかを真剣に考え、すべり止めとなる併願校も選択してきます。SAT®Subject Testsも受験していきますので、できるだけ早く、出願に必要なエッセイを書き始めましょう。自分自身をどうやってアピールするか、材料を吟味し、ストレートに分かり易く伝えられるようにしましょう。推薦状も必要ですので、誰に書いてもらうのかを慎重に考えて、早めにお願いしましょう。(※国内の高校生も参加可)

IVYリーグ人間力養成講座
合格を決めるキーポイント「クリティカルシンキング」のトレーニング授業 100%英語講座

英語でのディスカッション形式の授業です。平凡な評価基準ではなく、ユニークな考えのもとで、自分の主張ができるようになるためさまざまな課題に取り組み、活発な議論を通じて論理的思考(問題解決力・コミュニケーション力・仮説構築力)を鍛え、オープンかつ知的に自分自身を表現できるような感性を養っていきます。

トップスクール進学指導のベテランであるネイティブ講師が担当する「学ぶ喜びと興奮を体感できる」レベルの高いエキサイティングな授業です。

閉じる
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.