トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ ICU受験対策 > ICU受験対策:高卒生通学コース

高卒生通学コース

ICU受験コース

指導方針

「ICUが第一志望」という方のための、トフルゼミナール独自の対策コースです。

英語はリーディング、リスニングの授業を通じて高難度のICU英語に対応する力を養成します。また、「人文社会科学」、「総合教養(ATLAS)」の授業では様々な学問分野に関する知識のインプットや思考力を身につけ、ICUに向けた総合対策を行います。

また、充実した選択科目の組み合わせで、併願校の対策プランのご提案も可能です。


コースカリキュラム

必修科目

  • プラクティカルリーディング
    (前期)
  • リーディング&リーズニング
    (後期)
  • ICUリスニング
  • リーディングスキルズ
  • 英文法・語法
  • 英語構文英作文
  • 総合教養
  • 人文・社会科学
  • テスト演習(英語&国語)

選択科目

  • 難関現代文/
    スタンダード現代文
  • 難関大ターゲット古文/
    スタンダード古文
  • 小論文
  • 漢文
  • 日本史/世界史

必修科目説明

プラクティカルリーディング
ICUの空所補充問題は、しっかりとした構文力、語法・文法力、文脈把握力が必要です。前期はこれらの知識の活かし方と文章内容を的確に把握する能力を身につけ、後期はICU入試形態に準拠した問題演習を通して実践力を養います。
リーディング&リーズニング
「リーディングスキルズ」で学ぶ「読解のメソッド」を、実際の英文読解応用する練習を積んでいきます。入試問題は(超)長文化する傾向にあり、内容的にもさまざまな学問領域の解説文、時事的トピック、文学的エッセイなど多岐にわたります。
こうした入試の英文法を読みこなすには、ある程度のアカデミックな基礎概念に加え、種々の文体や先端的な話題についていける一定の教養も不可欠です。こうした要請に応えるため、この教材は500〜1,000語程度の読み応え十分の英文を集め、またテーマも言語論、芸術論、心理学、環境問題、情報技術など幅広い領域のものとなっています。
ICUリスニング
リスニングではナチュラルスピードに近い速さでテキストが読まれ、素早くその意味を判断し解答する能力が試されます。したがって、この科目で高得点を獲得するためには、英語を聞いた瞬間に、その意味を理解する高度なリスニング力が必要となります。前期はナチュラルスピードで録音されたテープを使用し、英語の音の特徴を分析、理解しながら基本的なリスニング能力を養い、後期はICUの出題形式に沿った演習で実践的な聴解力を高め、リスニング能力の完成を目指します。
リーディングスキルズ
長文の主要な問題形式である内容把握は、文章全体の論旨を素早く把握すること、また空所補充はそれに加えて細部の正確な文構造の理解を必要とします。つまり難関大入試では、全体←→部分を自由に循環する能力が問われるのです。
こうした読解力養成のため、この科目では語句レベル(文脈から語彙の確定)、センテンスレベル(正確な構造把握)、段落・文章レベル(論旨展開の把握)など、英文のさまざまなレベルでの、正確で効率的な読解技術を体系的に習得していきます。メソッド中心のこの科目は、実践演習の「リーディング&リーズニング」とあいまって大きな効果を上げていきます。
英文法・語法
前期では、英文法項目を体系的にまとめた問題形式のテキストで、英文法の全体像がみえるように解説します。基本的文法項目の理解に加え、弱点や誤りやすい事項に関しての完全な整理を行います。後期では、上智大や慶応大、早稲田大など難関大学対策用の問題演習により、幅広い応用力を養成するとともに、いかなる形式の問題や難問にも対応できるよう指導します。
総合教養 ※下記説明文は大学が公表している内容です
「総合教養」は、リベラル・アーツの基礎となる人文科学、社会科学、自然科学を統合した学力を判断する総合問題です。特定のテーマについての講義を聴き、その内容および、それに関連する小論文等に関する設問に解答します。文系・理系にとらわれない広い領域への知的好奇心や論理的・批判的思考力が必要となります。ICU の授業を受けるつもりで取り組んでください。
人文・社会科学
「人文・社会科学」は、高校までの蓄積された知識を試すものではありません。大学入学後の授業のための資料読解、卒論の準備などの際に、資料の内容をいかに批判的に分析し、自分の思考を文脈の中に融合していけるかを見ようとするものです。
そのための試験として、入試では12000字程度の資料を読んで40題程度の問題を解くことになります。資料の難易度は、大学の教授が一般読者向けに執筆したもの、つまり新書に類したものなのです。
この科目では、その対策として前期は実際の入試程度の量と難易度のある資料を使い、論述パターンの分析を通じて読解法を講義します。後期は批判的読解力・総合的理解力の養成のための講義+発表+ディスカッションで構成された授業を展開、少人数制を生かした受講生参加型の形式を徹底します。さらに、1月は入試形態に合わせたテキストゼミで実戦演習を行います。

地方説明会・個別相談会開催!!全国9都市にて開催!
各校で個別相談/説明会を実施しています。
資料請求はこちら

  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.