TOEFL®,iBT対策のトフルゼミナール


国家統一試験情報

帰国生入試では、出願書類として 国家統一試験の証明の提出を求める大学があります。提出を求める大学の多くは、滞在国の大学入学資格を有することを要求する場合で、アメリカの教育制度ではTOEFL®、SATを、イギリスの教育制度ではGCE、GCSEの一定科目数以上の合格を義務づける場合やIBやアビトゥア、バカロレアの資格を取得した人には資格証書、成績評価証明書の提出を求める場合があります。また、ほかに学部により指定した科目の成績評価証明書の提出を求める場合もあります。

国家統一試験は大学により、大きく3つのタイプに分類されます。

  1. 提出を義務づける大学
  2. 提出が望ましい大学
  3. 提出の必要がない大学。

国家統一試験はおもに滞在国の教育制度に準じて要求される書類が異なりますが、インターナショナルスクールを卒業した場合は滞在国のほかに、学校の教育制度(英国系または米国系)に準じた統一試験が必要となります。また慶応大学や国際基督教大学秋入試のように米国の教育制度の場合、統一試験(SATT,SATU(3科目)のスコア提出を求める場合もあります。

代表的な慶応大学例では米国の教育制度のほかにイギリスはGCE Advanced Lebvel3科目またはGCER Advanced LEVEL2科目とGCE Advanced Subsidiary LEVEL 2科目(計4科目)、インターナショナル・バカロレア(IB)の場合はIB最終試験6科目の成績評価およびDiplomaが必要。またほかの国の教育制度ではカナダは、州別に要求される資格、ドイツはアビトウア、フランスはバカロレア、オーストラリアは当該国実施の統一試験、ニュージーランドはNCEA LEVEL3の成績を提出などが要求されます。


【国家統一試験受験上の注意点】

アメリカ系以外のカリキュラムでは、国家統一試験は一度しか受験できないので、失敗すると受験資格を失ったり、選考上きわめて不利になるので注意が必要。なお、TOEFL®、SATT・Uなどは、複数の受験が可能である。ただし、SATは、全ての成績がスコア・レポートに記載されるので、ためし受験はあまりおすすめできない。TOEFL®は、ベストスコアを選択して提出できるので、何度でもチャレンジ可。

1.統一試験などのスコア提出を必要とする大学

書類審査の段階で合否を決める重要な要素として統一試験のスコア結果を参考にする大学と、スコア提出の義務はあるが当日の試験を含め総合的に合否決定をおこなう大学とがあります。またスコア提出を出願資格のひとつとし、その統一試験のスコアに基準を設けている大学もあります。

【統一試験などのスコアを必要とする例】

  • 国公立大学例:東北大・横浜市立大 他
  • 私立大学例:慶応大学(除く看護医療)ICU・上智大・聖心女子大・日本大・明治大・早稲田大 他

2.統一試験などの受験をしていればスコア提出が望ましいとする大学

基本的に提出が望ましいとする大学は、一般的に大学が実施する筆記試験結果と合わせて総合的判断で合否結果を決める大学。したがって統一試験等のスコア提出を必須としているわけではないので、統一試験のスコアをもっていなくても出願チャンスはありますが、中には大学によってはスコアの提出を義務づけてはいなくても、一次審査として書類選考をおこない受験生を絞り込むケースがあるので注意が必要。

【統一試験を受験していればそのスコア提出が望ましい例】

  • 国立大学例:北海道大・東京大・東京外語大・埼玉大・一橋大・京都大・九州大 他
  • 私立大学例:獨協大・学習院大・成蹊大・東京理科大・南山大・立命館・立命館アジア太平洋大 他

3.統一試験などのスコア提出は不要とする大学

基本的に統一試験のスコアを求めない大学は、海外の成績のみを重視することによる弊害(滞在国、教育制度で異なるなど)をなくすために大学が独自に実施する試験をおもな合否の参考とします。また、特に海外の成績より大学入学後の大学の授業についていけるだけの基本力(日本語能力他)などを合否の基準にしている場合に、大学が独自に実施する学科試験で判断する場合が多いようです。

【統一試験が不要な大学例】

  • 国立大学例:茨城大・お茶の水女子大・横浜国立大(除く経済)信州大・名古屋大・岡山大・大阪府立大他
  • 私立大学例:青山学院大・津田塾女子大・立教大・同志社女子大学他
国家統一試験例(慶應大学例)
1  アメリカ合衆国の教育制度によるもの
  • 1 SAT Reasoning TestTM(SAT®)
  • SAT Subject TestsTM から3 科目(総合政策学部および環境情報学部は2 科目)
  • Test of English as a Foreign Language(TOEFL®)
2  イギリスの教育制度によるもの 1. GCE Advanced Level 3 科目,または
2. GCE Advanced Level 2 科目とGCE Advanced Subsidiary Level 2 科目の合計4 科目,
のいずれかの受験結果を提出してください。
3 インターナショナル・バカロレア(I B)の教育制度によるもの I B 最終試験6 科目の成績評価証明書およびDiploma (写) を提出してください。
4  カナダの教育制度によるもの
ブリティッシュ・コロンビア州の教育制度によるもの
下記の条件をすべて満たしていることが必要です。
  1. 州の教育省が定める高等学校の卒業要件を満たしていること
  2. Mathematics 11 およびEnglish 12 で合格評価を取得していること
  3. 州内の大学が,入学選考に使用するScience 11 のうちから1 科目に合格していること
  4. 州内の大学が,入学選考に使用する12年生の指定科目(English 12 を除くProvincially ExaminableCourses)のうちから3 科目に合格していること
オンタリオ州の教育制度によるもの
Grade 12 のUniversity preparation (U) courses またはUniversity/college preparation (M) courses6 単位を取得していることが必要
その他の州の教育制度によるもの
上記以外の州については,出願前に帰国生入学試験事務局に問い合わせてください。
5  ドイツの教育制度によるもの アビトゥア(Abitur) の成績評価証明書を提出してください。
6 フランスの教育制度によるもの バカロレア(Baccalaure ´at)の成績評価証明書を提出してください。
7 オーストラリアの教育制度によるもの 当該国実施の統一試験の評価証明書を提出してください。
8 ニュージーランドの教育制度によるもの NCEA (National Certificate of Educational Achievement) Level 3 の成績評価証明書(Record of Learning)を提出してください。
9 中国の教育制度によるもの 全国大学統一考試受験結果,または上海教育考試院もしくは北京市教育考試院が行っている大学入学のための統一試験結果を提出してください。
10 台湾の教育制度によるもの 大学入学考試(指定科目考試)の受験結果を提出してください。
11 韓国の教育制度によるもの 大学修学能力評価試験の受験結果を提出してください。
12 統一試験のあるその他の国の教育制度によるもの 統一試験の規則に従って,受験した成績評価証明書を提出してください
13 統一試験のない国等の教育制度によるもの 統一試験のない国,また期限までに統一試験結果を提出できない国については,できるだけ前記1 〜 6 のいずれかの試験を受けるようにしてください。統一試験結果を提出できない場合は,本入学試験制度で受験を
することはできません。


  • メール相談
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 高田馬場本校
    03-3205-8015
  • 池袋校
    03-5960-2712
  • 渋谷校
    03-5766-0652
  • 四谷校
    03-5363-0352
  • 立川校
    042-521-3771
  • 調布校
    042-426-3812
  • 町田校
    042-709-5822
  • 横浜校
    045-661-0879
  • 藤沢校
    0466-50-7740
  • 大宮校
    048-643-6268
  • 船橋校
    047-422-9635
  • 大阪本校
    06-6315-4833
  • 神戸校
    078-265-6561
  • 名古屋校
    052-251-9055
  • 京都校
    075-253-6975
(C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.