トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ 交換留学帰国生対策 > Point4 一般入試併願対策

Point4 一般入試併願対策

一般入試のイメージ
何科目入試でいくか… AO・推薦とのトータルプランは…

受験計画は専門カウンセラーにご相談ください

さて、AO・推薦入試中心の受験プランをしっかり立てたとしても、それだけで受験プランが完了とはいきません。より安心な進学計画を立てるためには、どうしても併願の一般入試対策を考える必要があります。

ではどんな受験形態が望ましいのでしょうか?

受験形態 メリット デメリット 備考
国公立大
入試
センター試験により、私立大学をセンター枠で受験することが可能。また併願の私立も幅広く受験できる。 科目数が多い。帰国後の限られた時間で5教科・7科目の対策が必要になる。 国公立大学が絶対の第一志望であるのならば、留学前段階からの対策が望ましい。
私大3科目
入試
受験校選択の幅が広く、ほぼすべての私立大学が受験可能。安心感がある。 1年間触れていなかった地歴科目や古文などを、限られた時間で対策できるかが鍵。 すぐに古文や地歴対策に入るため、推薦のための英語資格は、遅くとも7月中には取得してしまいたい。
私大2科目
入試
英語と現代文(小論文)の対策のみで受験ができる。留学で伸ばした英語力で勝負できる。 受験校選択の幅が狭い。さらに英語力でほぼ合否が決まってしまうため、英語に関しては相当高いレベルが必要。 推薦のための英語資格取得に時間をかけられることから、交換留学帰国生の受験プランとしては王道。ただし、事前にしっかりとしたカウンセリングが必要。
私大1科目
入試
留学で伸ばした英語のみで受験が可能。他科目の対策の必要がない。 2科目入試に比べて、さらに受験校選択の幅が狭くなる。また、さらに高いレベルの英語力が求められる。 上智大学国際教養学部など特定大学受験の場合が多い。2科目受験との併用が一般的。

ご覧の通り、それぞれの受験形態にメリットとデメリットがあり、一概に「これがベスト!」というものはありません。

またこれに加えて、さらに「AO・推薦入試出願のための英語資格は何を取得すべきか」「AO・推薦と一般入試のどちらをメインに考えるか」「AO・推薦入試は何校くらい出願すべきか」といった問題もからんできます。

この「AO入試と一般入試の組み合わせ方」についてはサンプルを掲載しましたが、詳しくは専門カウンセラーに一度ご相談されることをお勧めします。

交換留学帰国生センター
電話相談室
まずはメールで相談(簡単なフォームから入力)
メール相談室
担当:清田
交換留学帰国生センター
電話相談室
まずはメールで相談
(簡単なフォームから入力)
メール相談室
担当:清田
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2019 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.