保護者の皆様へ 高2交換留学帰国生をどう考えるべきか?

交換・私費留学帰国生教育において、高2交換留学帰国生をどう捉えるかというのは非常に重要な問題です。


大学受験までほとんど時間の残されていない高3生と違い、高2生にはまだ時間があります。しかしそれは逆に言えば「留学経験が薄れていく時間も十分にある」ということでもあるのです。


留学経験をどのように将来・進路に生かしていくか?――ここでは、交換・私費留学帰国生のAO・推薦入試のポイントである「英語力」と「国際性」という2点からお話したいと思います。


英語力


英語力

まず確認しておかなければならないのは「高2交換留学帰国生は、高3交換留学帰国生よりも低い英語力を持って帰国する」ということです。もちろん例外はありますが、学年がひとつ下なのですから当然のことと言えるでしょう。


つまり、多くの高2交換留学帰国生は「英語力がまだ開花しきっていない」ということです。これは特に読解能力において見られることで、現地クラスで3年生のような難しいクラスを取っていないということに起因します。


よく交換留学帰国後に、英会話スクールに通う生徒さんがいらっしゃいますが、交換留学生は現地でアカデミックな内容を「聞き・話し・読む」という経験をしてきたのですから、日常会話中心の英会話スクールでは「会話力のキープ」という目的だけを考えたとしても内容的に不満が残ります。また、もちろん前述の読解力の問題はまったく解決されません。


ですから、高2交換留学帰国生は現地に居たときと同じように「アカデミックな内容を、英語で聞き・話し・読む」ということを続けていくことで、真に英語力を伸ばし開花させることができるのです。


国際性


国際性

ここで言う国際性とは、自らの留学経験をアカデミックレベルでプレゼンできる能力、つまり主に日本語能力を指します。高3交換留学帰国生の場合は、留学体験が色褪せないうちにAO・推薦対策が始まりますから、急いで知識面を補い準備することで、リアリティのある国際性アピールができるようになります。


しかし、高2交換留学帰国生の場合は帰国してから大学受験まで1年以上ありますので、いざAO・推薦準備に入ったときには留学体験を、書類や面接対策にうまく生かせないということが多いのです。


そうならないためには、帰国後に留学体験を対象化する作業が求められます。具体的にはまず読書量を増やし、自らの留学体験の持つ意味を探していくことです。また、並行して新聞を欠かさず読むなどして時事問題などへの関心も高めてほしいところですし、それらを正しく日本語で書き・話す能力=プレゼンテーション能力もアップさせていただきたいものです。


こうした段階を踏んで、はじめて「留学していた」ということが自己のアピールポイントとして生きてくるのです。


高2交換留学帰国生には、このほかにも「帰国してから学校の授業についていけるか?」「受験までの長期プランをどう立てていくべきか?」「部活との両立をどうはかるべきか?」など数多くの問題があります。残り時間も多くありますが、解決すべき問題も多いのが高2交換留学帰国生と言えるでしょう。


ご不明の点は、いつでもトフルゼミナールの専門カウンセラーまでお気軽にご相談ください。


自分に合った留学パターン へ 早期のトータルプランの立案 へ→


担当:清田





各校問い合わせ先
  • 池袋本校
    03-5960-2712
  • 高田馬場校
    03-3205-8015
  • 渋谷校
    03-5766-0652
  • 四谷校
    03-5363-0352
  • 立川校
    042-521-3771
  • 調布校
    042-426-3812
  • 町田校
    042-709-5822
  • 横浜校
    045-661-0879
  • 藤沢校
    0466-50-7740
  • 大宮校
    048-643-6268
  • 船橋校
    047-422-9635
  • 大阪本校
    06-6315-4833
  • 名古屋校
    052-251-9055
  • 神戸校
    078-265-6561
  • 京都校
    075-253-6975

  • (C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.