交換・私費留学帰国生のAO入試受験プラン


交換・私費留学帰国生のAO入試のプランニングでは

 [1] AO出願の際の英語資格は何するか?

 [2] 併願一般入試はどんな形式を選ぶか?

の2つがポイントになります。この組み合わせによって、どの時期に、どんな対策をすべきか、というプランニングができあがるのです。そこで、交換・私費留学帰国生のAO入試受験パターンをご紹介し、どの生徒がどんな受験プランを選ぶべきかを説明したいと思います。

ここに挙げたのは、トフルゼミナールで毎年AO受験者の多い――つまり交換・私費留学帰国生の皆さんに人気の高い大学の一例です。


ひとつの学部にいくつもの受験プランが推奨されているのは、その方の英語力や志望のあり方によってプランが異なるためです。


つまり、ある大学をAOと一般入試で併願受験する場合と、AOでのみ受験する場合ではプランは異なりますし、英語力を武器にできるかどうかでも変わってくるのです。


※5〜7月帰国の高3交換・私費留学帰国生が大学受験を迎える場合、という条件で記載してあります。
AO入試プラン1
TOEFL®出願+一般2科目入試
特徴 国際系大学を狙う場合の王道パターン。 AO入試と英語中心入試(古文・地歴がない)の組み合わせ。
こんな人に
向いてます!!
評定平均がある程度良く、英語力にもそこそこ自信がある。志望は言語国際系学部。
英語資格 AO入試で高い評価を得られるTOEFL®で。
メリット 古文や地歴対策が必要ない。
デメリット 言語国際系学部以外では英語中心入試があまりない。
ここに
注意!!
高校での評定平均が低い場合や、英語力が伴わない場合は向いていない。
AO入試プラン2
TOEIC®出願+一般3科目入試
特徴 AO入試と3科目入試の組み合わせ。
こんな人に
向いてます!!
古文を含む国語、地歴の力が優れておりハンデがあまりなく、AO入試で戦える条件が揃っている。
英語資格 TOEIC®で早期決着。
メリット 最も幅広い受験チャンスが得られる。
デメリット 残り少ない時間の中で対策科目が多い。
ここに
注意!!
帰国してすぐに7月のTOEIC®まで集中対策。その後3科目入試対策とAO対策に移るというプラン。古文や地歴のハンデを早期に取り戻すことが大切。
AO入試プラン3
TOEIC®出願+一般2科目入試
特徴 AO入試と英語中心の組み合わせ。
こんな人に
向いてます!!
現地で優れたリスニング能力を身に着けたが、古文・地歴がもともとあまり得意ではない。
英語資格 リスニング能力を生かす意味でTOEIC®。
メリット 古文・地歴の対策が必要ない。コミュニケーション能力が生かせる。
デメリット 言語国際系学部以外では英語中心入試実施校があまりない。
ここに
注意!!
第一志望校をAOで受験しても、一般入試では受けられない場合も多い。事前にしっかりしたカウンセリングを受けたい。
AO入試プラン4
書類・面接+3科目入試
特徴 英語資格を必要としないAO入試と3科目入試の組み合わせ。
こんな人に
向いてます!!
非英語圏からの帰国生。もしくは英語圏からの帰国生だが英語資格取得に自信がない。
英語資格 なし。
メリット 面接・書類対策、一般入試対策に時間が割ける。
デメリット 英語資格がない分、交換・私費留学帰国生としてのアピールをしっかり作りこむことが必要。
ここに
注意!!
英語資格対策の必要がないため、まず早期に古文・地歴などのハンデ科目克服をする。書類作成にはしっかり時間をかけよう。
AO入試プラン5
AO入試一本タイプ
こんな人に
向いてます!!
評定は良いが英語力が低く、さらに他科目にも自信がないため一般入試では勝負できそうにない。
英語資格 TOEIC®。場合によっては取得しない場合もある。
メリット 大学の付属高校で、その大学への進学資格がある場合はムダなく上位大学を狙える。
デメリット 上記のケースを除くと受験チャンスが少ない。
ここに
注意!!
大学の付属高校に在籍していない場合は、本当にこの方法しかないか専門カウンセラーに相談が必要。
大学名 学部名 お薦め
プラン
早稲田大学 国際教養学部 1. 2.
政治経済学部 2
慶應義塾
大学
総合政策学部・環境情報学部 1
法学部 2
上智大学 国際教養学部 1
外国語学部 1. 2. 3. 4.
文学部 1. 2. 3.
総合人間科学部・経済学部 2. 3.
国際基督
教大学
教養学部 1. 2. 3.
明治大学 商学部・文学部 2
情報コミュニケーション学部 2. 3. 4.
青山学院
大学
国際政治経済学部 1. 2. 3.
立教大学 観光学部・異文化コミュニケーション学部 1. 2. 3.
文学部・経済学部・法学部 2. 3. 4.
経営学部 1. 2. 3. 4.
中央大学 総合政策学部 1. 3.
法学部・商学部 2. 3.
経済学部 1. 2. 3.
法政大学 国際文化学部・キャリアデザイン学部
グローバル教養学部
1. 2. 3
現代福祉学部 2. 3. 4.
日本女子
大学
文学部 1. 2. 3.
国際教養
大学
国際教養学部 1. 2. 3.
筑波大学 ほぼ全学群 2. 4
明治学院
大学
国際学部・経済学部 1. 2. 3.
文学部 1. 2. 3. 4.
社会学部 2. 3. 4.
法学部 4
成蹊大学 文学部・経済学部 1. 2. 3.
法学部 4
成城大学 法学部・社会イノベーション学部 4
フェリス女
学院大学
文学部・国際交流学部 2. 3. 4.
白百合女
子大学
全学科 4
玉川大学 全学部 2. 3. 4.
獨協大学 外国語学部・経済学部 1. 2. 3.
神田外語
大学
英米語学科・国際コミュニケーション学科 2. 3.
他言語学科 3. 4.
同志社
大学
全学部 1. 2. 3.
関西大学 法学部・文学部・外国語学部・商学部 1. 2. 3.
関西学院
大学
法学部・文学部・社会学部 2. 3. 4.
総合政策学部 3. 4.
立命館
大学
国際関係学部 1. 2. 3.
他学部 1. 2. 3. 4.
関西外語
大学
外国語学部 1. 2. 3.
甲南大学 経済学部・経営学部・マネージメント創造学部 2. 3.
京都外国
語大学
外国語学部 1. 2. 3.
立命館
アジア大
平洋大学
全学部 1. 2. 3. 4.


担当:清田





各校問い合わせ先
  • 池袋本校
    03-5960-2712
  • 高田馬場校
    03-3205-8015
  • 渋谷校
    03-5766-0652
  • 四谷校
    03-5363-0352
  • 立川校
    042-521-3771
  • 調布校
    042-426-3812
  • 町田校
    042-709-5822
  • 横浜校
    045-661-0879
  • 藤沢校
    0466-50-7740
  • 大宮校
    048-643-6268
  • 船橋校
    047-422-9635
  • 大阪本校
    06-6315-4833
  • 名古屋校
    052-251-9055
  • 神戸校
    078-265-6561
  • 京都校
    075-253-6975

  • (C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.