トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ上智受験対策 > 高3生通学生対策コース

高3生通学生対策コース

指導方針

「上智大が第一志望、どうしても現役突破をしたい」という高3生が対象。上智大入試の読解レベルは、ネイティブ並みの言語感覚とスピードが要求されます。特に上智大学は英文量が他大学と比べ圧倒的に多く、かなりの速読力が必要とされ、かつ、時事的な英文が出される可能性が高いという点で、優れた英語感覚を磨く必要があります。


必修科目/推奨選択科目

必修科目

  • Reading Skills
  • Reading & Reasoning
  • 英文法・語法

推奨選択科目

  • 早慶上智入試問題ゼミ
  • 英語速読ゼミ
  • 英単熟10000
  • 英文論述記述ゼミ
  • TOEFL® Reading
  • 上智大現代文(難関大現代文)
  • 上智大古文(難関大古文)
  • 古典文法
  • わかる漢文
  • 日本史詳解
  • 世界史詳解

科目説明

Reading Skills

長文の主要な問題形式である内容把握は、文章全体の論旨を素早く把握すること、また空所補充はそれに加えて細部の正確な文構造の理解を必要とします。つまり難関大入試では、全体←→部分を自由に循環する能力が問われるのです。

こうした読解力養成のため、この科目では語句レベル(文脈からの語意の確定)、センテンスレベル(正確な構造把握)、段落・文章レベル(論旨展開の把握)など、英文のさまざまなレベルでの、正確で効率的な読解技術を体系的に習得していきます。メソッド中心のこの科目は、実戦演習の「Reading & Reasoning」とあいまって大きな効果を上げていきます。


Reading & Reasoning

「Reading Skills」で学ぶ「読解のメソッド」を、実際の英文読解に応用する練習を積んでいきます。入試問題は(超)長文化する傾向にあり、内容的にもさまざまな学問領域の解説文、時事的トピック、文学的エッセイなど多岐に渡ります。こうした入試の英文を読みこなすには、ある程度のアカデミックな基礎概念に加え、種々の文体や先端的な話題についていける一定の教養も不可欠です。

こうした要請に応えるため、この教材は500〜1000語程度の読み応え十分の英文を集め、またテーマも言語論、芸術論、心理学、環境問題、情報技術など幅広い領域のものとなっています。


英文法・語法

前期では、英文法項目を体系的にまとめた問題形式のテキストで、英文法の全体像が見えるように解説します。基本的文法項目の理解に加え、弱点や誤りやすい事項に関しての完全な整理を行います。

後期では、上智大や慶應大、早稲田大など難関大学対策用の問題演習により、幅広い応用力を養成するとともに、いかなる形式の問題や難問にも対応できるよう指導します。


選択科目アドバイス

上智大の入試では、英語はもちろん、3教科いずれの難易度も高い大学であるため、学習をスタートさせる時点の学力に合わせて優先対策すべき科目が異なります。また、時期により受講科目を変更頂くことも可能です。

受講時間割

  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.