トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ上智受験対策 > 合格体験談

合格体験談

A.A.
都立国際高校
上智大学経済学部経営学科

トフルではTOEFL®の点数アップのために、充実したテキストや先生方がいて、とてもお世話になりました。また、一人では分からない進路のことなどもカウンセラーの方々からアドバイスをもらったおかげで、スムーズに決めることができました。トフルの友達も個性的で面白い人たちばかりで、みんなレベルも高く、たくさんの刺激をもらいました。

M.A.
大分高校
上智大学外国語学部英語学科

私がトフルに出会ったのは、慶應大学の入試の時でした。試験で失敗して絶望的な気分で、校門の前で配布されていたパンフレットを手にとりました。

浪人生活を振り返ってみて、トフルに決めて本当によかったと心から思います。何よりもまずトフルのアットホームな雰囲気が私にはぴったりでした。そしてどんなささいな悩み事や、時にはたわいもない話までも優しく聞いて下さった職員の方々には感謝しています。

このような周りの環境だけでなく、授業の内容もとても充実しており、小手先の知識ではない本当の力がついたような気がします。テキストの難易度も高く、大手予備校の模試が簡単に思えることさえありました。

英語に関してはトフルのテキストと赤本以外は使いませんでしたが、それらをきちんと吸収していくことで実力がついたと思います。全ての科目で少人数が徹底していたのも大きなメリットでした。

PAGE UP
M.U.
千葉英和高校
上智大学外国語学部ロシア語学科

四軒家先生のリーディングの授業は、すごくわかりやすくて楽しくてわかりやすかったです。阿部先生のグラマーの授業ホンッとに役に立ちましたよ!!助かりました。チューターのみなさんも勉強を教えてくれたり優しかったから大好きです。カウンセラーの皆さんもとても親切にお世話してくれてありがとうございました♪

T.O.
桐朋高校
上智大学外国語学部英語学科

トフルゼミナールはテキスト内容が学校で扱われているものよりも高度であることと、授業の密度がとても濃いということが大きな特徴田と思います。また、校舎自体の雰囲気がとてもアットホームでなじみ易く感じました。これが僕が最初に感じたトフルの魅力です。

入試対策についてですが、上智大学は問題形式が特殊なのでとにかく解きなれることだと思います。速さや、思考力を問う問題が多いので他大学の問題や、市販の問題集を解くだけでは回り道になってしまいます。どういった勉強が効果的かを見極めていくことが大事です。その点、トフルの教材には上智大に傾向が似た問題も多く含まれているので役に立ちました。歴史や国語も学校とトフルを必ず両立させるようにし、二重で強化できるように心がけていました。

他にも、トフルは併願校や志望校への対策を細かく検討してくれたのでとても頼りになりました。勉強や進路について迷っているときは気軽に相談するといいと思います。

PAGE UP
C.O.
市立稲毛高校
上智大学外国語学部フランス語学科(公募推薦)

フランス語学科の課題レポートを出願直前まで粘って仕上げ、その後は毎日のように面接練習と小論文対策をしていただきました。面接練習では、かなり細かいところまで練習したので、曖昧だった部分も明確になり、本番は自信を持って応答することができたと思います。小論文は、試験前日まで何度も過去問をやり直しました。

しかし、主題と意見が微妙にずれているなど、根本的なことが出来ていなく、これじゃ小論文でダメだなという感じでした。当日、添削していただいた方々からのアドバイスを意識しながら解けたので、納得できる小論文が提出でき、良かったです。人間力講座や社説の要約をやっていたことが強みになりました。

TOEFL®やSATの授業は難しくて、ついていくのが大変でしたが、共通の目標がある友達の支えが励みとなりました。また、高1の頃からずっと親身になってサポートしてくださった事務局の方々や、チューターさんの協力があってこその結果だと思います。

PAGE UP
N.O.
千葉日本大学第一高校
上智大学法学部国際関係法学科

もし、「人生で一番うれしかったことは何ですか。」と聞かれたら、私は「大学合格です。」と迷わず答えることができます。トフルにいた一年間、つらいことはたくさんあったけど、今、思い返してみると、トフルに入学してよかったと思います。英語が苦手だった私はトフルにしようと即決しました。

トフルの英語は他の予備校とは違った独特の授業があります。例えば、「英語速読」や「英単語」の授業です。「英語速読」の授業のおかげで、試験時間内に終わらなかったことはありません。また「英単語」の授業では語彙のレベルが一万語レベルまで到達することができました。また、毎週英語の授業が沢山あったので、英語に対する苦手意識もなくなりました。

国語や世界史もいけてます。国語では、自分のやってきた要約を先生に添削してもらうことで成績が飛躍的に伸びました。また世界史のサブノートは最高です。これに載っていない用語は誰も知らないというぐらい詳細です。トフルにいて、どの教科も自分の実力が伸びていくのが実感できました。

いつも何をするのも中途半端な私が頑張ることができたのはトフルが自分にとって「頑張らせてくれる空間」だったからだと思います。先生をはじめとする職員、チューターの方々のつくり出した空間のおかげで今、こうして大学生に成れたと思います。「頑張れる自分」になれたことが、自分にとって誇りだし、それはトフルゼミナールのおかげです。

PAGE UP
S.O.
八雲学園高校
上智大学総合人間科学部心理学科

私がトフルに入ったのは高2の夏でした。始めはPre-TOEFL®やTOEFL®の授業を取っていて、高3から一般受験のための英語の授業と人間力養成講座を取り始め、受験について真剣に考えるようになりました。

人間力では自己推薦書や課題レポートの作成にあたり、非常に助けられました。一番初めに書いた時は、そんなに良い内容のもではなく、これで大丈夫なのかと不安もたくさんありました。しかし、何回も何回も木原先生に削除してもらったおかげで、最高なものを作り上げることができました。

またこれを作るにあたって、自分の学びたい分野を詳しく調べ、自分がそのほかに将来どういったことをしたいかを明確にすることができました。その他に面接の練習もして、どんな質問にも上手く対応できる力を身につけることができました。このおかげで、本番でも緊張せずに答えることが出来たと思っています。

私は国語と日本史があまり得意ではなかったので、一般に向けて両立させるのに苦労しましたが、早め早めに片付けていったおかげで、一般の成績も上げることができました。試験は私の得意としない国語だけで、過去問を解いてもまともに書けたためしがなく、非常に不安でした。しかしあきらめずに練習をして、本番で始めて時間内に全て書き終えることができました。そして見事、合格することができました。

最後まで挫折せずに頑張り続けることができたのも、スタッフの方々、最高の友達、先生方がいてくれたからです。本当に言葉で表せられないほど、感謝の気持ちで一杯です。本当に本当にありがとうございました!!!

S.O.
昭和学院秀英高校
上智大学総合人間科学部新聞学科

高2の春、学校前で何気なくもらったパンフレットでトフルゼミナールを知りました。「英語だけは今のうちから頑張っておきなさい」と常日頃から母に言われていた私にとって、「英語重視」という言葉は魅力的でした。説明を受けて、知っている先輩がトフルゼミナールで成功したことを知り、入学を決めました。

国語も世界史も質の高い授業が提供されていて驚きました。特に世界史。私は暗記が苦手だったので世界史に苦手意識を持っていたのですが、授業で歴史背景や流れを教わり、楽しく学ぶことができました。トフルゼミナール全体の「丸暗記ではなく、本質を理解する」という特徴が私にはよく合っていました。

また集中力が続かない私にとって、少人数制なところも良かったです。スタッフの方やチューターの方が1人1人をしっかり見ていてくれるので、集中できない私にすぐに気づき、集中するコツを教えてくれました。

受験直前はわからない問題があったらすぐにチューターの方に頼って、理解できるまで説明してもらいました。勉強だけではなく精神面でも支えになり親身になってくれたチューターの方やスタッフの方には今でも感謝しています。

あと、トフルゼミナールでできた友達にも感謝しています。アットホームな雰囲気と少人数制のおかげで多くの友達ができました。一人で受験に立ち向かっていたら、困難にぶつかった瞬間に挫折していたでしょう。しかしトフルに入学したおかげで、理解できるまで説明してくれる先生、一緒に頑張ってなぐさめあう友達、さまざまな方面で支えてくれるチューターの方やスタッフの方に出会うことができました。

受験の思い出を聞かれたときに辛さよりも楽しさが先にでてくるのは、トフルゼミナールのおかげです。ありがとうございました。

PAGE UP
M.O.
私立世田谷学園高校出身
上智大学文学部新聞学科合格(帰国生入試)

“目標”を持つことは大事です。私はトフルに入ったときからずっと上智大学の新聞学科に入る事を目指していました。“目標”が定まればあとは簡単。自分には今何が足りないのか。それをどう補えばよいのかを考えれば良い。そうはいっても、成績はそう簡単には上がりません。そんなとき心の支えとなるのが“仲間”です。私自身悩んだりした時には必ず仲間に相談していました。

普通予備校には受験に勝つためのテクニックを教える・勉強をとにかくやりまくる、というイメージだと思います。でもトフルはそれだけではなかった.。“仲間”を作り上げる環境があった。それは私にとってトフルで得られた最高の宝かもしれない。

私は小論文が苦手で松尾先生に何度も何度もダメだしされました。その度に絶対に見返してやる!とおもって入試直前まで書きつづけました。受験にはそういったハングリーな心が必要かもしれません。負けず嫌いの火とはきっと良い結果が出ると思います。

めちゃくちゃ優しいけど小論文のコメントは厳しい松尾先生、とにかく文法。メインアイディアとかの内容が深い中山先生、語源が大好き?な大田先生、授業が楽しく相談にものってくれる鈴木先生、スタッフのみなさん、そしてトフルの仲間に心から感謝したいと思います。最後に高二生へ。私はよくトフルに出没するので、何か聞きたい事があったらどんどん聞いてください!

K.M.
頌栄女子学院高校出身
上智大学文学部英文学科

私は高1からトフルに入っているのですが、トフルのおかげで英語の成績が劇的に上がりました。本当に感謝しています。トフルに入って良かったです。

そもそも私は中学の時は本当に英語の成績が悪く、学校の先生から英語の塾に行けと言われていました。そこで部活の先輩からトフルを勧めてもらい入ることにしました。最初は特に読解が難しくついていけませんでした。けれども授業の予習、復習をしているうちにだんだん英語が分かるようになっていき、同時にどんどん英語が好きになっていきました。

気が付くと高2の終わり頃には英語が得意と言えるほどできるようになっていきました。しかし高3になるとトフルのテキストが益々難しくなっていき挫折しそうになりました。それでもあきらめないで何度も復習していたらある日突然英文がすらすら読めるようになってきました。

そうして高3の夏休みが終わるころには英語がかなり分かるようになりました。だから2学期からは苦手な日本史ばかりやりました。特に12月からは英語はほとんどやらず日本史に専念できました。おかげで上智に合格する事ができました。

トフルは少人数で授業が週に2回あったのも良かったです。私は言われないと何もしないので、大人数で週1の授業だったら、勉強量が少なく、大学に受からなかったと思います。特に英語の長文はトフルのものしかやりませんでした。

PAGE UP
M.K.
学習院女子高校
上智大学外国学部フランス語学科

個別の小論文で渋谷校のM先生にはお世話になりました!!書き方から、色々な知識を得ることができました。ありがとうございました。小論文は沢山書いて、添削していただくうちにだんだん自分の書く型が決まってくるので、与えられた課題を一つ一つこなして頑張って下さい。

R.K.
國學院大學久我山高校
上智大学理工学部電気・電子工学科

僕は高2の9月からトフルにお世話になりました。最初は安定して高得点を出すことが出来ませんでしたが、トフルの授業を受けているうちになんとなく英語のコツが分かってきたような気がします。特に文法の授業はテストに出るところが完璧にカバーされていて、1年半授業に出ていただけで解けない文法問題はなくなり、得点減になりました。トフルのテキストは英語の本質をつかめるような構成になっているので英語ができる人も、さらに英語の能力を高めることができると思いました。

M.K.
実践女子学園高校出身
上智大学外国語学部英語学科

私は推薦入試で求められているギリギリの評定しかもっていなかったし、帰国生でもないし、長期の留学もしたことがなかったので本当に不安でした。でも、カウンセラーの方にいろいろと励ましていただいて、あきらめないで結果的には第一志望に合格することができました!!トフルに来ている人達はみんな優秀な人ばかりで、とても刺激になったし、トフルの先生にほめていただいたことは大きな自信にもつながりました。

受験を経験して、本当に辛かったけど、努力して自分を信じていれば、最後には絶対いいことが待っているんだな、と実感することができました。これからも大学でいろいろなことに諦めないで挑戦していきたいと思います。

私は高1、高2は留学コース、高3は受験コースでお世話になりましたが、1年、2年で頑張ったので出願資格のTOEIC®700点以上を満たすことができたし、3年できちんと一般の対策もしていたからこそ推薦にチャレンジすることができました。だから、トフルには本当に感謝しています。トフルでちゃんとやっていれば、早慶上智だろうと、合格できると思います!本当にありがとうございました!!

PAGE UP
S.K.
明星高校
上智大学文学部フランス文学科

僕がトフルゼミナールを選んだのは、まず少人数制のきめ細かい授業が行われているからです。特に英語は、難易度の高い教材と、クオリティーの高い先生方がしっかりと指導してくれました。トフルの教材をきちんと理解するだけでもかなりの英語力がつきます。まじで。あとはアットホームな雰囲気なので、友達もすぐ出来て、毎日トフルに通うのが苦になりませんでした。むしろENJOYしていました。志望大学に合格するには、何よりもその大学への熱意と最後まで諦めない根気です。僕も上智の模試の判定はいつもEかDでした。頑張ってください。後悔のないように!!

M.K.
東京家政学院高校
上智大学法学部地球環境法学科(公募推薦)

推薦と一般の両方を考えていたので、トフルゼミナールでは必修、選択科目で月〜金まで授業をとっていました。そのため、土曜日はトフルの小テストや国語・英語のテスト演習の日にしようと決め、コツコツやってきました

。ただ、中途半端になるのはいやだったので、自分が一番行きたい上智大学の推薦準備をさせようと思ったのは夏休み頃です。それまでは、国立大学との併願を考えていました。なので2学期からは推薦対策が中心でしたが、学力の不安をおこさないために、一般入試を目指す人と同じ勉強もしていました。土日はたまった新聞を読んだり、本を読んだり、インターネットで時事問題を調べる日にしようと決めていました。

今思うと、このやり方が自分には合っていたと思います。トフルゼミナールでは、一人一人を丁寧に見ていただきながらも、自分なりの計画をたてることもできたので、勉強に追われるということもなく、非常に充実した受験生活を送ることができました。今は入学までの目標として英検1級(準1級は取得済み)を受けようと思っています。本当にありがとうございました。

PAGE UP
Y.K.
昭和学院秀英高校
上智大学法学部法律学科

受験を真剣に考え出したのは、体育祭や文化祭などの学校行事一段落した高2の冬でした。しかし、それまで定期テスト前の勉強以外は全くしたことがなかったため、何から手をつけて良いか分からずに慌てるばかりでした。

しかし、カウンセラーの方やチューターの方のアドバイスを元に、自分に合った勉強方法を考え、段々と自分がすべきことがはっきりと分かるようになりました。トフルゼミナールは少人数制の緊張感ある授業だけでなく、きめ細かく相談できたことが合格の秘訣です。

受験勉強を始めるときは自分のペースが分からず、最初はみんな慌てると思います。しかし、勉強方法が見えず貴重な時間を効率の悪い学習に費やすのは勿体ないことですので、早めに勉強方法の確立やモチベーションを高く持つことが受験成功への近道になると思います。

S.K.
日本大学豊山高校
上智大学外国語学部イスパニア語学科

高2のときにトフルに入ってから、トフルの教材しか勉強していないのに英語の成績が上がってきました。

3年になって他の教科の授業も受けるようになって、国語や社会の成績も上がってきたので高いところを狙ってみようと思いました。最初の模試ではCとかしか取れなかったけど、夏休みが終わった時にはA判定がとれるまでに上がってきました。

学校での成績も良かったので、本命は一般入試でしたが推薦も受けてみることにしました。結果はまったく期待していなかったけど受かりました。本当にありがとうございました。

R.S.br> 大村高校
上智大学外国語学部英語学科

僕はある程度英語と世界史はできたんですが、上智に受かるためには英語をもっと強化する必要があったのでトフルに入りました。

トフルの英語の授業は入試レベルを超えていたので予習が大変でしたが、予習だけでも十分力がつくので特別英語の勉強はしませんでした。その代わりに世界史、国語に時間を割いて勉強できたのがとてもよかったと思います。

トフルの先生たちはとても近づきやすく質問しやすいし、また少人数制なのでとてもいい雰囲気でした。僕のお気に入りは世界史の先生なんですが、点数もとても伸びましたし、授業もとても楽しかったです。

トフルは大きくないところが最大の魅力だと思います。なんかアットホームで、大学で英語を勉強したい人はトフルで完璧な基礎を身につけるのでとてもいい予備校です。浪人の一年間を楽しめたのはトフルのおかげだと思います。ありがとうございます。

PAGE UP
A.S.
千葉東高校
上智大学外国語学部英語学科

英語も国語も世界史もトフルでやれば大丈夫です!!がんばってください!川野先生の楽しい授業ありがとうございました!夏休みが勝負だと思います!とにかく夏ひたすらがんばってください!!

H.S.
国府台女子学院高校
上智大学外国語学部英語学科(公募推薦)

私は高1のころから上智大学外国語学部英語学科が第一志望でした。しかし、高3になるまでTOEIC®の存在も知らず、公募推薦のことも全く分かりませんでした。

初めは英検で出願する予定でいたのですがちょうど試験当日が部活の引退試合と重なってしまい、受けることができませんでした。そして半ば諦めていたころトフルの方に相談したらTOEIC®で受験してみてはどうかと薦められ、出願の日も迫っていて私は迷う暇もなくとりあえずチャレンジしてみることに決めました。なんとかして基準を超えなくてはと受験に望み、1回目で何とか720点をとることができました。

TOEIC®はリスニング100問とリーディング100問で集中力と体力が必要です。そして英検同様に問題はパターン化されているので慣れてくれば飛躍的にスコアが伸びると思います。私も最終的には795点をとって出願することができました。TOEIC®は就職の時まで有効なので受験という機会でしたが受験して良かったと思います。

公募推薦というのは一般受験の子達とは全くスケジュールが違うので周りの友達の雰囲気に流されてはいけません。私は、先生に何度も自分は一般受験なんだ!ぐらいの気持ちで推薦と一般の勉強を両方同時に進めなさいと言われました。実際、思っていた以上に推薦の準備に時間を割かれました。しかし私がここまで頑張れたのも上智が第一志望であって何より行きたいと言う気持ちが強かったからだと思います。

PAGE UP
H.T.
渋谷教育学園幕張高校
上智大学総合人間科学部心理学科

私がトフルに通い始めたのは高2の4月でした。私の志望校は上智の総合人間科学部心理学科と上智の国際教養学部だったのですが、国際教養学部は一般の国内受験とは全く異なるSATやTOEFL®のスコアなどを基にする書類審査なので、双方を受験することができるとは思っていませんでした。

しかし、カウンセラーの方が親身に相談に乗ってくださり、結果的には両方受験し合格することができました。まず、高2の時点で国際教養学部合格に必要なSATとTOEFL®のスコアを出す事に専念し、高3になってから一般受験の勉強に専念する、といった大まかなプランを立てました。帰国生なので,TOEFL®は自分で勉強出来ると思いましたが、SATは自分でどうする事も出来ずトフルの授業を受けました。この授業を取っていなければSATのスコアが合格ラインに届くのは難しかったと思います。高2で受験を意識し始めてよかったです。

国内受験の方では現代文、古文、漢文、世界史でお世話になりました。私は国語が弱く、とにかく量をこなして問題慣れすることが必要でしたが、国語のテキストを解く事によって様々な問題形式に対応できるようになりました。また、世界史の授業は本当にわかりやすく興味深かったので、授業について行く為の予習・復習を精一杯やった結果、高3の初めには30点代だったセンタープレもセンター直前では80点代にまでのび、一般受験に対しても徐々に自信をつけることができました。

トフルは自習室に入ればガリガリと勉強する仲間がいて、休憩で受付に行くと話し相手になってくださるカウンセラーやチューターがいる、本当に居心地の良い場所です。怠けることはないけれどマイペースに勉強ができたのはこのトフルの環境のお陰だったと思います。

N.T.
日本大学習志野高校
上智大学文学部史学科(公募推薦)

私は高3の4月から推薦入試について考え始めました。しかし、そのときには勉強したいことや将来の夢がはっきりと定まっていませんでした。それをはっきりさせてくれたのが江連先生の人間力養成講座と、カウンセラーの方との面談でした。人間力養成講座では色んな分野への知識を深めて、カウンセリングではお話を聞いてもらうことで自分の方向性を段々と見出していくことができました。

上智大学の史学科で必要だった10,000字の課題レポートは、さすがに出来ないと思ったこともありましたが、色んな方々の協力によりなんとか提出できました。さらに、カウンセラーの方との面接練習のおかげで、面接に対する不安もなくなり、自信をもって本番に取り組むことができました。

私ひとりの力では合格することはできませんでした。トフルの皆さんをはじめ、周りの方々が私のことを考えてくれ、力を貸してくれたからこそ、合格できたのだと思います。

合格した今、私は周りの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。本当に皆さんありがとうございました。

PAGE UP
A.T.
西武学園文理高校
上智大学文学部英文学科

一年前、浪人が決まり、自分で予備校選びをしている時に私はトフルゼミナールに出会いました。自分の第一志望である大学の合格実績があり、英語重視の授業ということを知り、すぐにトフルに決めました。

授業は少人数制で、週に一度はテスト演習があり、多くの面で受験生としての自覚を保つことができたと思います。先生方も本当に頼りになり、志望校を決める時であったり、成績についてであったり様々な相談に乗っていただきました。

疲れた時や行き詰った時は受付の人たちや自分と同じ年齢くらいのチューターの人たちが話しかけてくれて元気をもらったりしました。

それから、最高のクラスメイトにも恵まれたと思います。この一年、ほぼ毎日顔を合わせ、勉強のこと以外でもとても支えられていました。浪人の一年間は本当に短かったです。でも今までで一番と言えるぐらい中身のある一年だったと思います。本当にトフルに来てよかった!!ありがとうございました!!

K.T.
桐光学園高校
上智大学外国語学部イスパニア語学科

浪人が決まりトフルトに入学してから、フルでの勉強はつらいと感じることはほとんどなく楽しんで出来ました。受験に不安を感じた時は、受付に行けば事務の方やチューターの方と懇談したり、世間話をすることが出来ました。とても充実した一年になりました。勉強面では、少人数制別なのでしっかり学ぶことができ、生徒に答えさせる先生たちもいらっしゃったので緊張感も持てます。また、すぐに友人もでき、みんなで受験に向かって頑張れました。

PAGE UP
T.C.
甲南女子高校出身
上智大学文学部フランス文学科(公募推薦入試)

上智大学の公募推薦の事前提出課題(フランス文学科)は、とても時間と手間がかかると聞いていたので一般受験の勉強との両立ができるか最初は不安でした。しかし、トフルゼミナールでカウンセリングを受けて、「せっかくチャンスがあるのだからやってみよう」という気持ちが起こり、受験を決意しました。

提出課題のために、担当の先生に個別指導をしていただきました。課題であった『椿姫』のレポートは、何から手をつけていいのか全く分かりませんでしたが、先生とお話をするにつれてだんだん見えてきました。回数を重ねるにつれて、様々な分野に興味を持つようになったので、気付かないうちに面接の力にもつながっていました。色々な事柄に触れられて、とても楽しい授業でした。

英語の試験の対策では、期間が限られていたので、できるだけ多く課題をこなせるように英語の先生が工夫をしてくださいました。多くの英文を書くことで英語への「壁」が無くなっていき、本番でもすらすらと英語が出てきました。

試験本番は、やはり緊張しないことが大切だと思いました。空き時間は回りの受験生と喋るなどして緊張をほぐしました。試験は一回しかないので、悔いの残らないようにがんばりました!

S.T.
豊島岡女子学園高校
上智大学文学部英文学科

私は高2の頃は大手に通っていましたが、自分には合わなくておもしろくなくて、高3からトフルに入りました。今となっては、もっと前からトフルに入っていれば良かったなぁ、と思います。

トフルではクラスは少人数制だし、先生もすごく分かりやすくて勉強がたのしくなるような授業をしてくださり、チューターの方達も優しかったので、1年間頑張れました。トフルのおかげで、第一志望はダメでしたが、無事上智に行けることになりました。ほんとにありがとうございました。

私は神谷先生と小宮山先生の授業が特にスキでした。とにかくトフルの渋谷校に入って心からよかったと思います。これからもトフルで学んだことを生かして、楽しい大学生活を送ろうと思います。

PAGE UP
A.T.
市原中央高校
上智大学文学部ドイツ文学科

トフルゼミナールのおかげで奇跡の上智大学合格を果たせました!

カリキュラムに沿いずっと英語重視で勉強していたので、英語は段々できるようになっていったのですが、問題は苦手科目の世界史にありました。そこで、とにかく勉強の合間には一休みしつつ便覧の下の世界史マメ知識を読んでいました。すると受験本番で、そのマメ知識を問うような上智大学特有の捻った問題が大量に出たのです。

受験は、本番まで本当に何があるか分からないなぁと感じました。何より世界史の神谷先生の授業は、マメ知識を使った興味の引き出し方に感動しました。川野先生の現代文教授法は、志望の上智に大変役立ちました。もちろん英語を謳うトフルだけあって、英語で稼ぐことができたための合格です。

皆さんには大変お世話になりました。トフルゼミナールを選んで大正解でした!!

M.T.
東京女学館出身
上智大学文学部英文学科

私は、トフルゼミナールに約1年間通いました。通い始めた当初は、TOEFLの勉強をするのも初めてだったのでとても不安でしたが、先生方の熱心なご指導のおかげで一生懸命に勉強できたと思います。

TOEFL®の成績が上がった時は本当に嬉しかったです。また、面接指導をしていただいた時には、細かいアドバイスを沢山いただいたり、真剣に私の話を聞いてくださったので、安心して入試に臨むことができ、本当に良かったと思います。そして、いつも親身になって志望校のことや成績のことなどで相談にのってくださったカウンセラーの皆さん、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

アメリカから帰国してから受験まで1年数ヶ月しかなく、決して易しい道ではありませんでしたが、受験までの間をトフルで過ごすことができ、良かったと感じています。今までお世話になり、本当にありがとうございました。これからも、トフルで学んだことを忘れずに頑張って行きたいです。

PAGE UP
M.N.
都立国際高校出身
上智大学経済学部経営学科

トフルゼミナールの雰囲気は、とてもアットホームで友達もつくりやすく、いつも楽しみながら勉強することができました。受験勉強で辛くなっていたときも友達やスタッフの皆さんが大きな支えになりました。特に夏期講習は大変でしたが、毎日の予習復習で自分を大きく成長させられたと思います。あの時TOEFL®の単語を全部おぼえようという意気込みで勉強したことが、合格へつながったと感じています。

M.N.
実践女子学園高校
上智大学外国語学部英語学科

念願の上智大学に合格できて、信じられないです。嬉しいです。

公募を受けることは不安だったり精神的にキツイこともあったけど、トフルの事務の方々や先生方が本当に優しいし、支えてくれたし、とことん付き合ってくれて、励ましてくれて、大好きです。トフルの渋谷校に来てなかったら、合格できてなかったと思っています。友達も大好きです。

嬉しい気持ちも大きいけど、感謝の気持ちが大きいです。

これからもがんばります。約1年間ありがとうございました。好きでした★

PAGE UP
C.F.
桐蔭学園高校
上智大学文学部

私は上智大に入れるような学力はなく、何度も志望校を変えようと思いました。でも最後まで「入りたい」という気持ちだけで頑張りました。英語は本当に積み重ねだと思うし、やった分だけ必ず伸びることが分かりました。単語を通学の時などずっと音声で聞くのと、ラジオ講座を毎日聞くこと、そしてトフルの授業で習った長文を毎日音読することは、どんなに疲れていても入試の前日まで続けていました。小さなことですが、これは力になったと思います。

Y.M.
東邦大学付属東邦高校
上智大学外国語学部イスパニア語学科

中学3年生の夏にイギリスに3週間滞在し、英語のおもしろさを知り、高校に入ってから英語の教育に定評のあるトフルゼミナールに入りました。

トフルの授業は少人数制で、先生と接する機会もたくさん持て、質問をすぐ先生に聞くことができました。トフルの教材や定期テストはとても質が高いと思います。受験が終わった今感じることは、トフルのレベルについて行くことができれば入試もおそらく怖いものなしです。

先生方は親身になってご指導してくださり、いつも生徒に全力で向き合ってくれます。私は英語の各レッスンが終わるごとに毎回吉野先生に要約を見ていただきました。また入試の直前には英作文の添削や、英語とは関係ない入学願書のチェックまで見ていただき、とても力になりました。

トフルは英語に力をいれていることで有名ですが、他の科目の授業もとても良かったです。わたしは世界史が苦手で4月初めの学校の模試では、どこも受からない様な成績でしたが世界史の神谷先生のおかげで最後には志望校のレベルにまで達成できました。

トフルゼミナールは大手の塾ではないのですが教材も環境も先生方もチューターさんもすべてがよかったです!!小規模だからこそ人と人とのかかわりが密接になれたと思います。

私はトフルでなければ志望校合格は無理だったと本気で思います。三年間ありがとうございました!

C.M.
聖心女子学院高校
上智大学文学部フランス文学科合格

留学制度も整い、他学部でも自分の興味ある科目はたくさん取れる上智大学に入学出来ることを夢見て、朝食、昼食、夕食、はたまたお風呂に入る時にも、参考書片手でした。そして迎えた当日。緊張した面持ちで会場に向かっていく途中、見慣れた人々が。なんとトフルゼミナールの先生方が立っていらっしゃって、キットカットを渡しながら「頑張って下さい。」と応援して下さり、感激しました。

上智大学を第一志望とする場合は、総合的な英語力がないと合格は難しいと思いました。上智大学の出題傾向に特化している授業を集中して取った方が良いと思います。それも普通おり速いスピードでなるべく1回で理解出来るように、日々、話題になっているニュースに関すること、語彙の増加に努めておく事をお薦めします。試験中、何回も読み直す時間は無いからです。

今改めて思い返すと、受験生活は家族を始めとするたくさんの方々の支え梨には乗り越えられなかったと思います。的確で高度な論文指導をして下さったO先生、英語でとてもお世話になったT先生、カウンセラーの方々、本当にありがとうございました。心から感謝しています。

PAGE UP
H.Y.
西武学園文理高校
上智大学外国語学部フランス語学科

トフルは英語に強いと聞くがまさにその通りだ。英語のレベルは学校のと比べるとはるかに高い。トフルの精読もすみずみとやり細かい所までしっかりと説明してくれるところがその強さの鍵だと思う。

また受験が近づくにつれて、ナーバスになる人が多いが僕の場合はチューターさんや和田さんと話すことにより自分の中の不安を取り除くことができ心のよりどころとなった。また二次の対策もしっかりとめんどうを見てもらい、本番では周りの人よりもおちつくことができ、どうどうと本番を終えることができた。

今考えればこれらすべてが合格に直結していると思う。本当にトフルに入ってよかったと思う。

R.Y.
お茶の水女子大付属高校出身
上智大学文学部新聞学科

私がトフルに通い始めたのは高2の4月。英語力を伸ばす教材や少人数でアットホームな雰囲気に惹かれたからです。

当時英語はできるほうでもなかったのですが、ハイレベルで何度も当たるトフルの授業についていくためには予習・復習をきちんとこなさざるを得なくなったので、3年生になる頃には英語が得意科目になりました。

トフルの教材、特にリーディングは手ごわいですが、時間をかけて予習をして疑問を洗い出し、授業や個別に先生に質問する等して解決したことで力がついたと思います。受験勉強で大切なのは、簡単に現状に満足せず、向上心を持ち続けること。私の場合、自分はまだまだ頑張れる!という気持ちをいつも持って取り組んだことが合格の鍵だったと思うからです。

入試がせまり精神的に辛い時期もありましたが、授業外でも親身に相談に乗ってくださった先生、いつも一緒に励ましあった友達、優しいスタッフの方々のお陰で乗り越えることができました。本当に感謝しています。

A.M.
日本大学鶴ヶ丘高校出身
上智大学外国語学部ドイツ語学科

英語の教科だけではなく、他の教科の先生にも何度も質問したり、相談しに行ったりしたけど、とても親切に対応してくれて嬉しかったです。これは、大手の予備校ではなかなかできない、トフルの少人数制の魅力だと思います。入るときにも、少人数制ということを重視して塾を探していたので、選んでよかったなと思っています。

少人数制だし、明るい子が多いから友達も自然とたくさんできました! 内部進学を主としている私の高校では、外部に受験する人が少なく、不安だったのですが、トフルでは常置を目指している人がとても多くて、その子たちと情報を共有したりすることで、とても助けられました。また、私は初めに自習室で勉強することにとても抵抗があったのですが、友達やクラスの人が最後まで残って頑張っていることに刺激され、自習室を利用するようになりました。トフルのみんなは頑張りやさんが多く、この環境にいたからこそ勉強に励むことができたと思います。なので、トフルのみんなにはが本当に感謝しています。

チューターさん、カウンセラーの方々にも、いろいろ相談にのってもらったりしてました。優柔不断でずーっと悩んだりしてることが多かった私に対しても、親切に応じてくれてとても感謝しています。このトフルでなかったら、先生に自分から質問しに行ったり、自習することや予習復習するということを身につけられなかったと思います。これを生かして、大学生活もきちんと送っていきたいです!!

お世話になった方々、チューターさん、スタッフさん、トフル生みんな 本当にありがとうございました!!!

PAGE UP
C.M.
大泉高校
上智大学文学部心理学科

トフルを一年間勉強する場所として選んだのは、上智の合格率の高さでした。現役時代はどうしても英語が苦手で、なんとかならないかなと考えていたので、英語重視の予備校は魅力的でした。実際、トフルに入ってから英語の力は飛躍的に伸びたと思います。自分で選んだ道だとはいえ、毎日毎日勉強するしかない生活をつまらないと感じることもありました。やはり、大切なのは生活にメリハリをつけることだと思います。私は夏までバイトをしました。勉強と両立ができるか心配でしたが、後から思えば、勉強以外のことをする時間があったからこそ勉強するときに集中できたのかもしれません。

受験はもちろん自分との戦いでもあります。けれども、そのすべてを一人で背負っているわけではありません。一緒に頑張る周りの友達に、私も何度励まされたことか分からないほどです。様々な大学を目是巣仲間がいて、勉強以外にもいろいろな話をして、現役のときに比べてはるかに自分の世界が広がったと思います。この一年はきっとこれからの人生にとって大きな意味のある時間だったと今は感じます。これから大学に通い、この経験を活かしていけたらいいなと思っています。

E.M.
富士見高校
上智大学法学部国際関係法学科

トフルと言えばやはり英語。少人数なため授業中は当てられる分、より緊張感を持って受けられ、レベルも質も高く本当に素晴らしい授業です。しかし実際は英語だけではありません。国語も社会もトフルはとても質が高く、分かりやすい授業です。

私は素晴らしい先生に恵まれ、日本史は私の得点源にまでなりました。今年は無事第一志望校に合格でき、本当に一年間トフルゼミナールで浪人してよかったと思っています。これも私を支えてくれた家族、友人、先生方、事務の方々のおかげなくしてはありえなかったと思います。

あきらめずに努力すれば必ず結果は返ってくるので、受験生の皆さんも辛い時もあると思いますが頑張ってください。

Y.Y.
東洋英和女学院高校
上智大学文学部英文学科

トフルの長文のテキストは、読解力だけでなく、様々なテーマから出題されていて一般的な知識も身につくようになっていました。そのため、苦手意識もなくなり、どの問題文も恐れずに解くことができました。クラス全体はとてもアットホームな雰囲気で、私はここでお互いに刺激し合う友達がいたからこそ合格できたと思います。

PAGE UP
K.Y.
和洋九段女子高校
上智大学法学部法律学科

「信じられない!これは長い夢なんじゃ!?」合格した三日後でも、書類が本当にあるか確認してしまいました。

現役時の私の成績は、とても上智大学を受験できるレベルではありませんでした。にもかかわらず、上智への憧れだけで突破できるのだと根拠のない自信を押し通し直前期には基礎的な事項もあやふやなのに上智の過去問十年分をひたすら解いて満足し、明治や立教の過去問を試験前日に解く始末で日本史の暗記など穴だらけのまま入試を迎え、まさに当たって砕け散りました。

センター利用で合格した大学に進学したものの、本気でその大学に進むとは思っていなかったので(自分の為にも周りの為にも本当に進みたい大学を受けましょう!)当然自分の思い描いていた理想と異なり「再挑戦したい」という気持ちを胸に七月に退学しました。

上智に現役合格した友達がトフルに通っていたのを思い出し、夏期講習から通いました。トフルには「英語テスト1000」と「国語800」という基礎固めの徹底を図るのにうってつけのシステムがあり、これを使わない手はないです。マーチレベルで基礎固めを確実に得点することの難しさを痛感していたので、夏から毎日これを繰り返しました。これとトフルの授業の予習復習で英語は万全です。テキストは量質共にボリュームがあり最初はついていくのに大変でしたが長文、文法、英作文の授業で出てくる事項に関連性が見つけられ何度も復習していることになりました。

この受験で背水の陣を敷くことも大切だと学びました。妥協しない志望校選択で直前期に不安になりましたが今まで沢山学び、誤り、直したことを思い出し当日は「落ちるハズはナイ」と開き直ることができました。

第一志望へのdesireを持ち続け、真剣に取り組めば必ず成ります!トフルの懇切丁寧な先生方、スタッフの方々を味方につけ、やる気ある友達に刺激されて頑張ってください!

T.Y.
飛鳥高校
上智大学総合人間科教育学科

私は、本当にトフルゼミナールに決めて良かったと思っています。この1年間頑張ってこれたのはトフルのおかげです。トフルの授業は本当についていくのが大変で、初めは予習に3,4時間以上費やすほど内容が難しかったのですが、その分力がついてくるのが分かり授業も面白いものになってきました。先生方も親切で、質問や相談に行くと的確にアドバイスをしてくれました。そして、私がトフルに入って一番驚いたのは、周りの生徒のレベルの高さでした。そのような友達とお互いに励ましあって、学び合えたのはトフルならではのものだと思います。

最後に、スタッフの皆さん、1年間本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。

先生方や友達にも本当に感謝しています。皆さん本当にありがとうございました。

A.W.
カリタス女子高校出身
上智大学外国語学部

トフルで過ごした3年間はあっという間に過ぎてしまいました。トフルの教材は難しかったですが、毎回授業で先生が丁寧に説明してくださったので文法、読解ともに理解を深めることができて英語力が伸びました。トフルに入っていなかったら上智大学は憧れのまま終わっていたかもしれません。本当に所長やチューターの皆さんにはお世話になりました。

英語学習において大事なことは何度も復習して知識として定着させることだと思います。基本的な学習方法である予習、授業、復習をしっかりやれば英語力は自然と伸びます。そして、絶対にあきらめない心を持ってください。勉強は精神面左右されるので弱気になると勉強ははかどりませんよ!!

PAGE UP
M.W.
四天王寺高校出身
上智大学外国語学部ポルトガル語学科

英語に自信を持っていた私は、高3の春にトフルの授業を受けて驚きました。長文の量がとても多く、内容も濃くて、一回読んだだけではさっぱりわかりませんでした。他の予備校などでは見たことがないレベルの高さと私の行きたい大学のコースがあったことが、トフルゼミナールを選んだ理由でした。

予習をきちんとして授業に出るのはもちろんでしたが、私が一生懸命やったのは復習でした。文法のテキストは、授業直後、一週間後、校内テスト前、夏休み前、秋、そして直前にも、もう一度やりました。読解のテキストは持ち歩いて、5分空いている時間があれば、読んでいました。

トフルの先生方は、私が何ヶ月も前の所の質問も持って行っても、丁寧に教えてくれました。そして、受験生全員に言える事だと思いますが、私は常に入試に対する不安な気持ちでいっぱいで、ヤバイ、ヤバイと騒いでいましたが、トフルの先生や事務の方が話しを聞いてくれて、それがとっても嬉しかったです。

私が受験で大切なことは、大学に対する想いだと思います。この大学に入りたい、という強い想いを最後の最後まで持ちつづけることが本当に大切だと思います。「想いは」は「力」です。

PAGE UP

  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.