トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ > 高校3年生・高卒生・保護者様対象 海外留学説明会

来年春・秋の大学入学、まだ間に合います!!

海外大学留学説明会

 まだ進路が決まっていない現在高校3年生、もしくは高卒生のみなさんにご提案です。来年春から海外の大学生になりませんか?

 海外大学への留学説明会を下記の日程で実施しますので、日本での大学受験に向けて準備されている方でも、留学も視野に入れて検討されている方でもどちらでもご参加ください。

日時:12月27日(木) 13:00〜14:30
場所:トフルゼミナール高田馬場校
対象:現高校3年生、高卒生、保護者様
内容:各国の教育制度、留学までの流れ、留学生活の様子など
ゲストスピーカー:日高 秀一郎くん
トフルゼミナール高田馬場校出身。カリフォルニアのPalomar CollegeからUniversity of California, Berkeley校へ3年次編入。現在社会学専攻で活躍中!!
トップスクール編入プログラム参加学生体験談
日高 秀一郎くん (高田馬場校出身)
University of California, Berkeley
社会学専攻

留学のきっかけは英語を話せるようになりたかったから

 小学生の頃から10年間、ずっと野球漬けの生活を送っていました。高校時代もスポーツクラスに入っていたのでほとんど勉強する時間もなく日々を過ごしていました。ただ、小さい頃から経営者になりたいという夢があったので、高校二年生の頃様々なビジネス本は読んでいました。その中に、コミュニケーションをとるためにはまず英語を話せるようになることが非常に重要だと書いてありました。「英語が話せるかどうかでこれまでとは違った世界が見えてくる」という父親の言葉も大きく、英語に興味を持ち、留学しようと決意しました。ただ、本格的な勉強を開始したものの最初は中学生で習うBe動詞が何なのかもわからないレベルだったのでかなり苦労しました。トフルゼミナールで必死に勉強し、現地での勉強についていけるよう努力する日々を過ごしました。

Palomar College入学

 高校卒業後、Palomar Collegeに進学しました。Palomarに決めた理由は、当時の英語力で進学することができたということとトフルゼミナールの提携校であったことに加え、トフルゼミナールの学生だけが利用できる教室があり、勉強したりカウンセリングを受けられるという環境が整っていたからです。実際、カレッジの授業が始まった当初は大変なことが多かったのですが、現地でのサポートを受けられたことは大きかったと思います。

 それまで海外に留学した経験もなく、授業以外でも不安な気持ちもありましたが、様々な国の留学生と友達になることができ、それぞれの国の文化を身をもって体験することができたのは留学したからこそできた経験であると感じています。

UC Berkeleyへの編入

 日々の勉強は大変なことが多かったのですが、私は絶対にUniversity of California, Berkeley校に入学したかったので、必死に喰らいついていきました。UC Berkeleyに編入するためには高いGPAをキープする必要がありました。取らなければいけない授業が数多くあり、中には興味が無かったり苦手なものもありましたが、楽な方に逃げず、強い意志と目標を常に持って勉強に取り組みました。GPAだけでなく、編入するためのエッセイ作成も非常に大変でした。少ない文字数の中で、自分が言いたいことを無駄なく書くことは難しい作業でした。 苦労の末、希望していたUC Berkeleyに合格できたとわかった時は、嬉しい気持ちでいっぱいでした。

Palomar Collegeにいた頃と比べ、UC Berkeleyでは教科書や参考文献などを読む量が圧倒的に増えました。平日は授業だけでなく予習や復習も合わせると毎日10時間近く勉強している日々が続いていますが、自身でうまくスケジュールを立てながら生活しています。卒業まではまだもう少し時間がありますが、周りの留学生を見ると企業からのリクルートを受けている方が非常に多く、エントリーシートなどでも落ちたことがないという方ばかりなので、自分も勉学に励んだうえで卒業し、ゆくゆくはしっかりと就職していければと考えています。

説明会のご案内
12月27日(木) トフルゼミナール高田馬場
13:00〜14:30
定員制となりますので、参加を希望される方は12/22(土)までにお申込みください。
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.