トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ > TOEFL®iBT TEST対策
TOEFL®iBT TEST対策
TOEFL®iBT TEST のスコアアップ例
Aさん
AO推薦
Bさん
AO推薦
Cさん
留学
Dさん
AO推薦
合格実績
海外大学
  • Occidental College
  • Grinnell College
  • Wesleyan University
  • Grinnell College
  • University of California-Los Angeles-Biology
  • Oberlin College
  • University of Michigan
  • Kenyon College
  • Georgia Institute of Technology
  • Pennsylvania State Universitym
  • University of California San Diego
  • University of California Davis
  • Boston university
  • University of Illinois at Urbana-Champaign
  • University of Wisconsin Madison
  • University of Illinois
  • University of California Irvine
  • Gettysburg College
  • University of Texas Austin
  • DePauw University
  • Purdue University
  • University of Colorado Boulder
  • The University of Edinburgh
  • University of Exeter
  • The University of York
  • University of Toronto
  • University of British Columbia
  • Lakeforest College
  • University of California Santa Cruz
  • University of Victoria
  • San Francisco State University
  • State University of New York at Buffalo
  • James Madison University
  • Florida Institute of Technology
  • University of Hawaii Manoam University of Washington
  • University of California Riverside
  • State University of New York Stony Brook
  • New York University
  • Schwob School of Music
  • University of Exeter
  • Soka University of America
  • Knox College
  • State University of New York at Geneseo etc
国内大学
  • 上智大学国際教養学部
  • 早稲田大学国際教養学部
  • 早稲田大学文化構想学部(JCulp)
  • 早稲田大学政治経済学部(グローバル入試)
  • 国際基督教大学(ICU)
  • 国際教養大学(AIU)
  • 立教大学GLAP
  • 立教大学異文化コミュニケーション学部
  • 法政大学グローバル教養学部(GIS)
  • 明治大学国際日本学部(English Track)
  • 青山学院英文学科(自己推薦)ほか
TOEFL®対策 1979年創立以来のノウハウ
(1)レベルにあった対策

 スコアアップにおいて最も重要なのは、継続的な学習です。

ただ、学習レベルが難しすぎると予習や復習の負担が大きくなるため継続が困難になり、やる気を失ってしまうことがしばしばあります。

このような挫折を防ぐためには、ご自身のレベルに合った対策をすることが必要不可欠です。

トフルゼミナールではご入学の際にレベルチェックテストを実施しており、ご自身に最適なクラスをご案内しています。

クラスメイトも同じようなレベルになるので、切磋琢磨しながら目標に向かっていくことができます。

(2)科目別対策

 トフルゼミナールではTOEFL® TESTの各セクションを別々の科目として対策を行い、圧倒的な練習量をこなすことができるようなカリキュラムになっています。

特に上級クラスでは2年分のカリキュラムがあり、英語の基礎力を固めつつ、それぞれのセクションの問題形式に慣れ、頻出分野の知識が吸収できるような構成になっています。

(3)テストを熟知した講師

 テストでスコアを上げるために基礎的な英語力はもちろん大事ですが、最新傾向を把握して効率よく問題を解くためのテストテクニックを知ることも怠ることはできません。

トフルゼミナールではテストを熟知している講師にどのような質問が出題されやすく、どのような解答が評価されるのか等の指導を受けながら、安心して学習に励むことができます。

また、定期的にTOEFL® TESTで100点以上を目指す人のためのTest Skills特別講座も実施しています。

最新のテストの傾向に合わせた的確な指導で、最短経路で目標点に達成できるようにサポートします。

セクション別対策
Readingセクション

 ETSによりますと、背景知識がなくても問題は解けるように作られているとのことですが、幅広い分野の知識があった方が圧倒的に有利なのは間違いないです。

そのためトフルゼミナールでは毎レッスン多種多様な分野を扱い、本試験で役立つ基礎知識をインプットします。

更に、英語が得意でも何となくしか文章を読めていない場合、Readingのスコアはなかなか上がらないため、通常授業ではReadingで高得点を出すために欠かせない精読力も養います。

細かい分構造まで理解できているか徹底的に確認するために、主に日本語で指導をします。

Listeningセクション

 TOEFL® iBTで高得点を取り、問題なく大学で英語の講義を理解できるようになることは決して楽なことではありません。

そのためトフルゼミナールでは最難関のリスニング教材を使って、徹底的にリスニングの訓練を行います。

Reading同様、多種多様な分野を扱うので、必要な知識を蓄えつつ、難解な内容もしっかり理解できるための力を養っていきます。

なるべく多くの自然な英語に触れることがリスニング力を上げる近道なので、解説も主に英語で行います。

Speakingセクション

 TOEFL® iBTのスピーキングは単なる英会話とは次元が違います。

相手を説得することが目的で自分の意見を述べたり、読んだり聞いたりした情報から重要な要素を素早く見つけ出し簡潔にまとめる能力などが必要になります。

トフルゼミナールでは基本的な発音や抑揚などを学ぶだけでなく、話の論理構成や具体例の出し方なども学んで、どのようにすれば自分の意図が相手に最も伝わるのかを学びながらスコアアップを目指します。

Writingセクション

Independent Writing
普通の大学受験で求められる英作文は100 wordsくらいですが、TOEFL® iBTのIndependent Writingでは300 words以上の解答が求められます。

このため、どうすれば話を広げれば良いのかや、どのような構成にすれば良いのか悩む生徒が多いです。

トフルゼミナールではWriting力を上げるために毎回本試験で出題される可能性の高いテーマを扱って、ディスカッションなどを通して十分な知識を吸収しつつ、質の高いエッセイの書き方を学びます。

又、添削を通して文法や表現力の弱点なども洗い出して、よりネイティブのような文章に近づけていきます。

Integrated Writing
実際の大学で出される課題を最も反映しているとも言える独特なタスクがIntegrated Writingです。

大学では論文などを読んで、教授の講義を聞いてから、学んだことを一つのレポートにまとめることがしばしばありますが、これがまさにIntegrated Writingです。

トフルゼミナールではこのような統合型問題に必要となる情報整理や伝達能力など、様々なスキルを養っていき、本試験だけでなく、実際の大学生活に備えます。

大学受験にも使える TOEFL®iBT TEST
海外留学
大学院留学 TOEFL® TESTを使った海外大学院留学準備
大学留学 TOEFL® TESTを使った海外大学留学準備
高校留学 高校留学
2020年度入試改革〜英語の4技能向上〜

2020年大学入試改革の目玉の一つとして、英語4技能資格試験の活用が決定しています。

すでに多くの大学ではAO・推薦入試のみならず、一般入試においても出願要件の一つや、入試英語試験を代用するなど、入試改革を待たずに導入が進んでいます!

国内大学進学
AO/推薦入試(英語で授業をする大学)
  • 慶應義塾大学経済学部(PEARL)
  • 早稲田大学政治経済学部(EDESSA)
  • 早稲田大学国際教養学部
  • 早稲田文化構想学部(JCulP)
  • 早稲田大学社会科学部(TAISI)
  • 上智大学国際教養学部
  • 国際教養大学
  • 法政大学GIS
  • 立教大学異文化コミュニケーション学部(DLP)
  • 立教大学GLAP
  • 明治大学国際日本学部Enlish Track
  • 明治学院大学国際学部国際キャリア学科
  • 学習院大学国際社会科学部
  • 同志社大学ILA
  • 立命館アジア太平洋学部他
AO/推薦入試
  • 上智大学公募推薦入試
  • 早稲田大学政治経済学部グローバル入試
  • 早稲田大学社会科学部グローバル入試
  • 慶應義塾大学法学部FIT入試
  • 国際基督教大学AO
  • 青山学院大学文学部英米文学科自己推薦入試
  • 立教大学経営学部
  • 中央大学経済学部・法学部
  • 獨協大学他
帰国生入試
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 青山学院大学
  • 明治大学他
一般入試 (外部試験利用入試)
  • 早稲田大学文学部・文化構想学部
  • 青山学院総合文化政策学部・地球社会共生学部
  • 法政大学他
国内大学院入試
  • 東京大学
  • 筑波大学
  • 早稲田大学他
入学のながれ
1. お問い合わせ・資料請求
希望のコース、日時、校舎等をお知らせください。体験レッスンへの参加も可能です。
2. カウンセリング
各校舎担当カウンセラーと学習プラン(Band Score目標、受講可能日時、受講場所など)の相談を行います。現在の英語力が不明な場合は英語力診断テストを受けることが可能です。また、直接各校舎に来ることが難しい場合は、eメール、お電話にて相談することできます。
3. お申込み
受講プラン確定後、手続き(受講料のお支払い、お申込用紙提出)終了後、教材をお渡しいたします。
4. 受講スタート
カスタマイズされたプランでいよいよ受講スタートです。
TOEFL®iBT TEST とは

TOEFL® TEST(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。

大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定できる英語資格試験です。

TOEFL® TESTは世界中の英語検定テストの中で、最も幅広い国々で受け入れられているテストです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、130カ国9,000以上の機関が、TOEFL® TEST スコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。

TOEFL® TESTは、その難易度の高さから、近年は国内大学での推薦入試においても英語資格の1つとして提出が求められています。

また、TOEFL® TESTの資格試験対策をしていれば一般受験以上の英語力もつくため、推薦入試を考えている生徒にとっては王道の資格試験になります。

TOEFL® TESTには紙媒体で受けるTOEFL® PBT TEST(Paper-based Test)とパソコンで受けるTOEFL® iBT TEST(Internet -based Test)があります。

現在、日本ではTOEFL® iBT TEST(Internet Based TOEFL)が実施されています。

TOEFL® iBT TESTの本試験はパソコンを使って受験しますので、パソコン画面上で文章を読むことに慣れておくこと、またマウスの使い方や英語でのタイピングにも慣れておく必要があります。

試験内容

TOEFL® iBT TESTの内容テストは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセッションから構成されています。 スコアは120点満点で、合格・不合格ではなくスコアによって判断されます。

各セクション 時間数・配点 内容
Reading Section 60-80分・30点 アカデミックな長文読解3-4パッセージ(各約700語)
Listening Section 60-90分・30点 講義問題4-6(1題3〜5分)
会話問題2-3(1題約3分)
Speaking Section 20分・30点

Integrated Tasks(リーディングやスピーキングの内容をもとに話す)4問

Independent Tasks(身近なトピックについて話す)2問

Writing Section 50分・30点

Integrated Tasks(リーディングやリスニングの内容をもとにエッセイを書く)1問・20分 
Independent Tasks(トピックに対し自分の考えを書く)1問・30分合計120点

試験内容
難易度は高く、英語の基礎問題は一切出ず、全て応用問題が出題されます。100点以上が英検1級程度68点〜91点が準1級程度となっています。
試験日程・開催会場
TOEFL® iBT TESTは月に3〜4回程度(土曜・日曜)実施されます。試験会場は全国130箇所以上。主に大学やテストセンターで実施されています。
申し込み方法

TOEFL® iBT TESTの運営は、ETSが行っています。申し込みは、事前にETSのWebサイトで「個人ページアカウント」を作成し、そのアカウントを通して申し込みをします。

電話予約:個人ページアカウントを作成した後であれば、電話にて予約が可能です。
(03-6204-9830 ※土・日・祝日を除く9:00〜18:00)

●受験料(税込み):US235ドル。クレジットカード(VISA・Master Card・American Expressなど)で行います。自分名義のクレジットカードがない方は、ご両親どちらかのクレジットカードで申し込み可能です。

※試験日はほぼ毎週ありますが、1度受けたら受験間隔を中12日(受験日を含まない)空ける必要があります。 公式スコアレポートの発送はテスト日から13日後になります。アメリカ国内へは発送後7〜10日ほどで届きますが、日本などのアメリカ国外の場合は発送後から4〜6週間ほどかかりますので、出願に必要な場合は早めの受験を心がけてください。

(2018年1月1日現在。詳細はETSサイトをご確認ください)

TOEFL® TEST 対策のカウンセリング予約
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.