トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップTOEFL®TEST 資格試験 > 海外トップスクールに進学しよう!
海外トップスクールに進学しよう!
海外トップスクールに進学しよう!

40年来、真の国際人育成を理念としているトフルゼミナールには、日本のトップスクールと同様に海外のトップスクールを進学先の選択肢に入れている学生が非常に増えています。

日本の大学入試改革の波もあり、今まで以上に国内と海外の大学を併願しやすくなってきていることも追い風となっています。何よりも大学卒業後の就職においても、その評価が安定してきたのも大きな要因です。

では海外のトップスクールに進学するための具体的な方法論とは何でしょうか。

日本の高校から直接海外のトップスクールを狙う。
日本の高校
海外トップスクール

米国をはじめ海外の大学は日本の大学でいうところのAO・推薦入試(書類審査)で合否判定されますので以下の4項目につき準備が必要です。

1. 評定平均と活動実績
学校の評定平均を4.0/5.0以上は必須※。なおかつ一定の部活動や生徒会活動、その他社会奉仕活動などを戦略的にこなすこと。※IVYリーグ等では限りなくオール5を狙っておきたいところです。
2. TOEFL®Test スコア
TOEFL®Test、またはIELTS※で高得点を準備し、海外の大学で十分専門知識を身に着ける語学の運用能力があることを証明すること。※TOEFL iBT®Test 100/120点は準備しましょう。
3. SATスコア
米国の場合は SAT※のスコアを準備する。※General Testの他にSubject Testが要求される場合もあります。
4.エッセイ
世界中から優秀な学生が出願するトップスクールにおいては、エッセイが非常に重要な要素を占めます。過去・現在・未来の自己分析を行い、エッセイでしっかりアピールしましょう。
【過去の合格実績(一部抜粋)】
Georgia Institute of Technology・New York University・Pennsylvania State University・Purdue University・University of California,Berkeley・University of California,Los Angeles・University of Illinoisat Urbana-Champaign・University of Michigan・University of Washington・Carleton College・University of Toronto・University of British Columbia・University College London他

トフルゼミナールでは一人一人のライフプランニング応じて、一人ひとりに合ったプログラムを策定していきます。ご興味のある方はまずカウンセリングを受けてみてください。

多くの方の場合、まずTOEFL®Test形式の無料レベルチェックテストの結果から、何をどれだけ、どれくらいの期間準備すべきかをアドバイスします。もちろん直近の英検などの成績をお持ちいただいても結構です。

※必要に応じて日本の大学との併願についても適宜アドバイスしていきます

高校在学時または高校進学時に海外の有力高校へ早くから留学する。
海外高校
海外トップスクール
高い評定平均、英語力がなくてもまだ方法はある!

既に高校生活をスタートしており、学校の成績の面でトップスクールへの出願要件を実は知らないうちに失っていたという方も、あきらめる必要はありません。

アメリカのトップスクールの中には卒業生の5割以上が編入学者である大学もあります。まずは編入実績の高い大学や短大に進学し、そこでの評定平均(GPA)を一定レベル取得することで、トップスクールへの進学と卒業資格が手に入ります。

日本の大学とは大きなシステムの違いがあり、とまどいも感じられるかもしれませんが、入学から2年間別の大学にいることによりかえって学費面では安く済む等のメリットもあります。

※必要に応じて帰国生枠を利用した日本の大学進学についてもアドバイスしていきます。
入学する大学と卒業する大学を分けて、トップスクールに進学する。
日本の高校
海外2年 / 4年制大
海外トップスクールに編入

日本にも東大合格実績が抜群に高い高校があるように、海外にもIVYリーグやトップスクールへの進学実績が高い高校(その多くはボーディング・スクール)がたくさんあります。

大学進学において、海外へのトップスクールが限りなく第一志望に絞れており、なおかつ経済的なサポートが可能な方には限られますが、実は非常に確度の高い方法論ではあります。

ただし、有名なボーディングスクールに進学するためには高い英語力が留学前に必要になります。

トップスクール編入合格体験談
クリックして開閉
日高秀一郎さん
カリフォルニア大学バークレー校社会学選考

高校卒業後、Palomar Collegeに進学しました。Palomarに決めた理由は、当時の英語力で進学することができたということと、トフルゼミナールの学生だけが利用できる教室があり、勉強したり編入に向けたサポートを受けられるという環境が整っていたからです。実際、カレッジの授業が始まった当初は大変なことが多かったのですが、現地でサポートを受けられたことは大きかったと思います。

日々の勉強は大変でしたが、私は絶対にUniversity of California, Berkeley校に入学したかったので、必死に喰らいついていきました。UC Berkeleyに編入するためには高いGPAをキープする必要がありました。取らなければいけない授業が数多くあり、中には興味が無かったり苦手なものもありましたが、楽な方に逃げず、強い意志と目標を常に持って勉強に取り組みました。GPAだけでなく、編入するためのエッセイ作成も非常に大変でした。少ない文字数の中で、自分が言いたいことを無駄なく書くことは難しい作業でした。苦労の末、希望していたUC Berkeleyに合格できたとわかった時は、嬉しい気持ちでいっぱいでした。

これからはより大変な日々が待っています。今は社会学に関する記事や本を読んでBerkeleyでの勉強に向けて準備をしています。不安な気持ちはありますが、とても楽しみでもあります。これまでに培ったことを活かして、編入後もしっかり勉強していきたいと思います。

合格インタビュー〜名門コーネル大学に見事編入合格!〜
CLOSE

トフルゼミナールでは一人一人のライフプランニング応じて、一人ひとりに合ったプログラムを策定していきます。ご興味のある方は是非、一度カウンセリングを受けてみてください。多くの方の場合、まずTOEFL®Test形式の無料レベルチェックテストの結果から、何をどれだけ、どれくらいの期間準備すべきかをアドバイスします。もちろん直近の英検などの成績をお持ちいただいても結構です。

※必要に応じて日本の大学との併願についても適宜アドバイスしていきます。

トフルゼミナールのトップスクール進学対策の特徴
トフルゼミナールのトップスクール進学対策の特徴
豊富なカリキュラム

中学生から社会人まで、英語力・目的に合わせて多数のクラスが設置されています。海外大学はもちろん、国内大学と併願の場合も適切なアドバイスを行い、合格に向けた対策を進めることができます。

中学生から社会人まで、英語力・目的に合わせて多数のクラスが設置されています。海外大学はもちろん、国内大学と併願の場合も適切なアドバイスを行い、合格に向けた対策を進めることができます。

徹底したTOEFL(R)Test・SAT対策
徹底したTOEFL®Test・SAT対策

トフルゼミナールの授業は英語力別のクラス編成。基礎から応用レベルまで実力にあったクラスで対策します。また、授業は経験豊富な日本人講師・ネイティブ講師が効果的に配置され、丁寧な指導を行います。

トフルゼミナールの授業は英語力別のクラス編成。基礎から応用レベルまで実力にあったクラスで対策します。また、授業は経験豊富な日本人講師・ネイティブ講師が効果的に配置され、丁寧な指導を行います。

徹底したTOEFL(R)Test・SAT対策
専門カウンセラーによる指導

一人ひとりに担当カウンセラーがつき、目標に向けたアドバイスを行います。カリキュラム策定から、日々の英語学習、進路指導まで個別のアドバイスを行います。

一人ひとりに担当カウンセラーがつき、目標に向けたアドバイスを行います。カリキュラム策定から、日々の英語学習、進路指導まで個別のアドバイスを行います。

徹底したTOEFL(R)Test・SAT対策
全国17校舎+オンライン指導実施

トフルゼミナールは関東、東北、中京、関西、九州に全17校のスクールがあり、すべてで海外大進学コースを開講しています。また通学が難しい方はオンラインによるコースがありますので、ご相談ください。

トフルゼミナールは関東、東北、中京、関西、九州に全17校のスクールがあり、すべてで海外大進学コースを開講しています。また通学が難しい方はオンラインによるコースがありますので、ご相談ください。

留学準備:対策編
トフルゼミナールでは、専門カウンセラーのよるカウンセリングを実施し、スタート時の学年、英語力によって個別にカリキュラムをご提案します。
◆レベルチェック TOEFL®Test PBT450レベル(英検2級程度)の方の受講例
  火曜日 木曜日
17:00-18:40 Pre Reading Pre Speaking
19:00-20:40 Pre Grammar & Writing Pre Listening
週2回程度の通学でTOEFL®Testに必要な基礎力を徹底的に高めるところからスタートします。
◆レベルチェック TOEFL®Test PBT500レベル(英検準1級程度)の方の受講例
  月曜日 木曜日 土曜日
17:00-18:40 TOEFL®Test
Reading
TOEFL®Test
Speaking
SAT
Critical Reading
19:00-20:40 TOEFL®Test
Independent Writing
TOEFL®Test
Listening
SAT Skills
週2〜3回程度の通学でTOEFL®Testの実践力を高め、SATスコアも同時に対策します。
◆レベルチェック TOEFL®Test PBT550レベル(iBT80程度)の方の受講例
  月曜日 木曜日 土曜日
17:00-18:40 Essay対策
(個別指導)
TOEFL®Test
Speaking
SAT
Critical Reading
19:00-20:40 TOEFL®Test
Independent Writing
TOEFL®Test
Listening
SAT Skills
TOEFL iBT®Test 100点+SATスコア+出願動機書対策も同時に対策します。
◆レベルチェック TOEFL®Test PBT600レベル(iBT90-100程度)の方の受講例
  月曜日 木曜日 土曜日
17:00-18:40 Essay対策
(個別指導)
Essay対策
(個別指導)
SAT
Critical Reading
19:00-20:40 TOEFL®Test
Independent Writing
出願校選考
カウンセリング
SAT Skills
SATを仕上げながら、出願時期から逆算した出願計画と合格するための戦略立て、出願書類作成コンサルティングで確実に合格を目指します。
上記はあくまでカリキュラム例です。また通学が難しい方の場合にはオンラインプログラムでの受講も可能ですので、詳細については各校カウンセラーとよく相談の上万全の対策を期してください。
日本のトップスクールを併願する方の受講例(国公立併願)
  月曜日 木曜日 土曜日
17:00-18:40 Essay対策
(個別指導)
国公立二次
対策論述英語
SAT 対策T
19:00-20:40 数学 出願校選考
カウンセリング
SAT 対策U
●SAT+出願エッセイを仕上げながら、国公立二次対策を同時に対策。合格状況で進学先を決めることができます。
上記はあくまでカリキュラム例です。また通学が難しい方の場合にはオンラインプログラムでの受講も可能ですので、詳細については各校カウンセラーとよく相談の上万全の対策を期してください。
日本のトップスクールを併願する方の受講例(東大PEAK・早稲田大Edessa・上智大国際教養等)
  月曜日 木曜日 土曜日
17:00-18:40 Essay対策
(個別指導)
人間力養成講座 SAT 対策T
19:00-20:40 TOEFL®Test Speaking 出願校選考
カウンセリング
SAT 対策U
●SAT+出願エッセイを仕上げながら、国公立二次対策を同時に対策。合格状況で進学先を決めることができます。
上記はあくまでカリキュラム例です。また通学が難しい方の場合にはオンラインプログラムでの受講も可能ですので、詳細については各校カウンセラーとよく相談の上万全の対策を期してください。
コラム
海外のトップスクールに進学したいが経済的に厳しい。。。そんなご相談をいただくこともあります。そんな時に考えてみたいのが留学を希望される方に向けた【奨学金】です。留学先の大学に申請するパターンや留学前に国内で申請できるものまで、また非常にハードルが高く、支援される金額も大きなものから、イメージほどではないものまで実は様々な【奨学金】があります。トフルゼミナール留学センターには『留学情報センター』が併設されており、奨学金に関する様々な情報も用意されています。
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2019 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.