トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ 中学生プログラム > 国際系大学・海外大学進学
早稲田・上智国際教養やICUなど国際系大学準備コース

大学へ入学したら授業はすべて英語。しかも英語そのものを勉強するだけではなく、英語を通して世界の経済や文化や環境問題などを学ぶのが、上智大学や早稲田大学の国際教養学部および国際基督教大学などです。いま、こうしたリベラルアーツ=国際系の大学・学部が大きく注目されています。

一般学生、帰国生、外国人学生が一緒に学ぶ国際色豊かな学部であり、これに合格するためには単なる英語力だけでなく、論理的思考力、コミュニケーション能力、表現力など総合的な力が試されます。

このコースでは、少人数制によるインタラクティブな授業形式により、早い時期から総合力=人間力を養成していきます。

国際系大準備コース受講スケジュール例

春学期/夏期/秋・冬学期
週1〜2日
・L.H.科目*
・Pre-TOEFL科目
上記より200分以上を選択

※校舎によってスケジュールが異なります。入学希望校にお問い合わせください。







春学期/夏期/秋・冬学期
高1国際系大学準備コース
週1〜3日
・L.H.科目*
・Pre-TOEFL科目
・Pre-SAT科目
上記より200分以上を選択
*Language & Human Skills (L.H.)とは、大学受験や留学、各種試験対策など英語4技能そのものの向上を図るプログラムです。
上智大学国際教養学部とは…
上智大学Photo

●米国リベラルアーツ教育がモデル
アメリカの大学のリベラルアーツ教育をモデルに、学生が日々国際社会を体験し、相互に学び合うことのできる教育環境を維持することが目的とされています。

そのため、海外の教育機関の学期スケジュールに対応する春・秋年2回の入学・卒業制度、セメスター制による2学期制、通常の筆記試験ではなくTOEFL®TestやSAT®Testの書類選考による入学者選抜方式が採られています。だた、公募推薦ではTOEFL®スコアと高校の成績および筆記試験を課す方式が実施されています

●専攻分野は入学後に決定

日本の大学の多くでは、入学前に自分の専攻分野が決められてしまいます。国際教養学部では、入学後1年半はさまざまな分野の基礎科目を学び、2年次後半に3つの分野から自分の専攻分野を決定します。

●多文化コミュニティで学ぶ

国際教養学部の教授陣は、日本人と外国人それぞれ半数ずつで構成されています。また学生は、日本でしか教育を受けたことがない日本人、何年間かの海外経験がある日本人、日本で育った外国人、初めて日本に来た外国人留学生など、さまざま出身者が在籍しています。

クラスでは、英語を母国語とする学生もそうでない学生も同じ授業(英語の授業ではありません)を英語で受講します。英語圏以外の学生にとっては、ネイティブスピーカーと同じ方法で英語力を伸ばすきわめて有効な機会となります。

早稲田大学国際教養学部とは…

早稲田大学Photo ●リベラルアーツ=教養学部
特定分野に限定しないで幅広い教養を学ぶ学部。主に基本的な知識をかなり広い分野で習得することと、現代的な課題について先端的な学問に触れ、学際的な問題として考えることに主眼を置いています。

●すべて英語の授業
国際社会で活躍するとなれば、やはり英語が意のままに使えなければなりません。

●海外留学が必須
カリキュラムの中に1年間の海外留学(早稲田の提携大学など)が組み込まれています。

●国際色豊かなクラス
定員は600名(国内400名・国外の高校出身者200名)で、海外からの留学生や帰国生が多数在籍しています。

●セメスター制
4年間の学生生活を、半年ごとに8つの学期で分けており、集中的かつ効率的な学習を図っています。

●卒業後は世界で活躍
英語を共通語として、ゼミ形式の授業を中心に発問式・対話式授業が展開されます。学生が主体性を持って、自身の学ぶ意欲を引き出し発展させるためのシステムで、社会に出た後は卒業生ネットワークを駆使して、日本企業のみならず海外の企業や国際機関など、世界での活躍の場を広げます。

もう一つの選択海外の大学へ


海外大学Photo

現在、大学進学に関する選択肢は多様化しています。歴史ある国公立大学や、早慶上智など日本のトップ大学に進学することはさまざまなメリットや実績がありますが、ポテンシャルがあり、モチベーションの高い学生であれば世界のトップ大学を目指すことも可能です。

グローバル化や価値観の多様化が進んだ現在、これからの時代に「本当に必要となってくる人材になるための基盤を作る」、また数年後の就職活動における「明確な差別化」を図るなど、あらゆる意味で米国のトップ大学に進学し卒業するメリットは大きいものがあります。

世界中からの優秀な学生が集う場で、高め合い、競い合いながら学んだ世界標準といわれる学術的、かつ実学的な専門知識、それらを駆使する知恵を兼ね備えた人材は、次世代のグローバル化を支える貴重な人材として、世界で活躍することが可能となります。

〈高3生になったら…選べるキャリアアップ・プラン〉

  • 米国・英国大学進学課程
  • 留学基礎課程
  • 提携大学進学課程(米国・英国・オーストラリア他)
  • 交換留学プログラム
  • 私費1年間留学プログラム
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2018 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.