大学入試,AO入試のトフルゼミナール

トフルゼミナールのイメージ

他予備校在籍の方・予備校をお探しの方必見!!

〜現在の英語力は志望校合格レベルですか?〜

すでに他予備校で受験対策を始めているが物足りないと感じたり、伸び悩んでいると感じたりする方、またこれから予備校で本格的な受験対策を開始しようと考えている方にも随時ご入学頂けます。少人数制だからこそ一人一人の相談・質問にお答えできるトフルゼミナールで「本物の英語」を学んでみませんか。

■現在の英語学習に満足していない方

実際に自分が行っている英語学習を続けてこのまま合格へつながっていくのか不安な方も多いはずです。知っていることばかりであったり、知りたいことを説明してもらえなかったり、質問することもできなかったり…。自信のある英語をさらに武器にしていきたいと考えている皆さんにとってもし今の英語学習に不安があればぜひご相談ください。トフルゼミナールの洗練されたレベルの高い教材を見て下さい。そしてその教材を自在に扱う英語のプロ講師集団に出会ってください。


■英語が伸び悩んでいる方

得意だと思っていた英語で伸び悩んでいたり、もともと苦手な英語が伸びないままでいる場合はぜひご相談ください。小人数制ゼミスタイル授業の中で講師が皆さんと授業を共に作っていきます。「分かった」つもりではなく「分かった」という事実を皆さんに感じてもらえる授業がトフルゼミナールにあります。そしてここの生徒を大切にする講師やスタッフ、チューターが皆さんの学習をサポートします。


■早慶上智ICUのAO推薦入試対策希望の方

早稲田政経グローバル入試、慶応法学部FIT入試、慶応文学部自主応募推薦入試、慶応SFCのAO入試、上智公募推薦入試、ICUのAO入試に挑戦する方はトフルゼミナールへお任せ下さい。プロの講師が質の高い授業とサポートで皆さんを合格へ導きます。




■ICU志望の方

ICU対策は特殊だから3科目受験を中心に行ってはいるが、やはりICUへの志望は強く対策に困っている方も多いはずです。トフルゼミナールではICUの専門対策が可能です。併願パターンも含めて受験のプランニングをしっかり行い合格へと導きます。



■外大志望の方

東京外大対策を希望しているが実は東大・一橋大コース、国公立大コースへ入っている方も多いはずです。トフルゼミナールには外大専門コースで外大専用教材を使用しての対策が可能です。また、少人数制授業だからこそ英文論述・英作文授業における質の添削指導が可能です。

阪大外国語学部をご志望の方は京大・阪大コースに入っている方も多いと思います。気がつけば周りに外国語学部志望者がいないということはありませんか。トフルゼミナールでは同じ志を持った生徒が集まって勉強しますので自然と学習意欲も高まります。



■早慶上智志望の方

英語最難関レベルの入試を突破するためのノウハウがトフルゼミナールに蓄積されています。一レベル上を目指しての英語対策はトフルゼミナールにお任せ下さい。

■こんな方がトフルゼミナールと他予備校のダブル予備校に在籍しています。

  • 早稲田政経のグローバル入試対策を行いたい方
  • 慶應法学部FIT入試対策を行いたい方
  • 慶應SFC・ICUのAO入試対策を行いたい方
  • 外大専用の読解論述、英作文対策を行いたい方
  • ICU専門対策を行いたい方
  • 難関私大を志望されている方
  • 苦手な英語を克服したい方

■FAQ

Q.国語や選択科目は今の予備校で続けたいと思っています。英語だけトフルゼミナールで受講するのは可能ですか?


A.はい。英語は入試においては配点の高い重要科目ですので、ここで確実に得点できるような英語力を身につけてください。


Q.英語はトフルゼミナールでの受講を考えていますが、現在通学している予備校での科目とスケジュールが調整できるか分かりません。そのような場合はどうしたらよいでしょうか?


A.トフルゼミナールのe-Schoolであれば授業を担当しているプロ講師が添削指導を行います。実際の授業の教材を使用して細かく添削指導を行うことができます。ご安心ください。


Q.途中からの入学で授業についていくことができるか不安です。大丈夫でしょうか?


A.ご入学時までに終わってしまった授業については、添削指導とコーチングでキャッチアップできるサポート体制がトフルゼミナールにはあります。ご自分のペースで確実に追いつくことができます。


Q.一般入試の他にもAO推薦入試に挑戦したいのですが可能でしょうか?


A.はい。トフルゼミナールでは英語を軸にした一般入試対策だけではなく、AO推薦入試も含めた形で一人一人に最適な受験プランを共に作っていきますのでご安心ください。


■レベルチェック&個別相談会

→ イベント案内へ


■体験談


「トフルのここがよかった」


「トフルに変えてよかった」


Y.N.くん(高槻高校卒)
英語の勉強に不安を感じて高2で入学。難関大へ複数合格!!
進学先
慶應義塾大学法学部法律学科
その他合格大学
慶應義塾大学総合政策学部、早稲田大学法学部、早稲田大学国際教養学部、上智大学法学部法律学科、上智大学法学部国際関係法学科

僕がトフルゼミナールに入ったきっかけは高校2年後半になって英語の勉強方法に不安を感じたからです。他の予備校で習っていたこともあったのですが、テクニックばかりに頼る解法など、いわゆる受験英語だけを教える授業には違和感を覚えてやめてしまいました。そこでトフルのうわさを聞きつけて体験授業を受けてみたのですが、まず驚いたのが先生の英語への知識の深さでした。取って付けた上辺だけの知識だけではなく、生徒たちに本当の英語を教えようという情熱が伝わってきてそれでトフルゼミナールへの入学を決めました。


入学してみると今度は周りの生徒たちのモチベーションの高さに驚きました。トフルゼミナールで出来た友達の多くと志望校が同じだったという事は自分の競争心を高める上でも、互いに情報交換をする上でも非常に意味が大きかったと思います。また帰国子女が多く、受験の為だけでない英語の学習がとても楽しかったです。


トフルゼミナールの英語は高3の夏以降からレベルがどんどん高くなっていきます。テキストが難しすぎて投げ出しそうになったこともありましたが、そういうときは先生が親切に質問に対し解説してくれました。このあたりも少人数制のトフルゼミナールの強みだと思います。非常に難易度の高かったテキストですがそのおかげで直前には余裕をもって志望校の赤本がとけるようになっていましたし、本番でも英語でミスをするという事はありませんでした。また先生の教えてくださった本物の英語のおかげでテクニックに頼るのでなくどんな問題に対しても安定して答えることが出来ました。


一流の先生方、難易度の高いテキスト、モチベーションの高い生徒たちのそろったトフルゼミナールでの学習環境があったからこそ第1志望に合格できたのだと思います。もしこれを読んで興味を持った人がいたら、まず体験授業でトフルゼミナールの英語を肌で感じてみて下さい。


「予備校を切り替えて成功!!」

Y.M.さん(都立三田高校卒)
高卒コースへ2学期から入学し、見事トップ校に合格!!
進学先
慶應義塾大学文学部
その他合格大学
明治大学政経学部政治学科、学習院大学法学部政治学科、津田塾大学学芸学部国際関係学科、東京女子大学文理学部社会学科、明治学院大学法学部政治学科

トップ校の入試英語に太刀打ちできる英語の力をつけるにはどうしたらよいかと悩んでいたところ、出会ったのがトフルゼミナールでした。


英語は得意な方だったのですが、当時は構文を正確に取ることや、文章を深く読み込むといったことができませんでした。しかし、トフルのテキストのレベルの高さや、先生方の細やかな指導、経験豊かなスタッフの方々のサポートによって、英語の力を確実に高めていくことができました。


長い文章を読むことにも慣れ、文章を読む国語の力も同時に鍛えることができたため、入試本番では自信をもって解答することができました。

■インタビュー


Y.Y.さん(Napa High School, CA, USA:ナパハイスクール卒)
自分にあう予備校を見つけて受験対策!! ダブルスクール(予備校)もあり!!
進学先
上智大学国際教養学部

Q.Y.Y.さんはトフルゼミナールに来る前はどちらで勉強されていましたか?


A.他の大手予備校で一時帰国中、夏期講習だけを数回うけました。


Q.塾を変えようと思ったきっかけは?


A.受験が迫ってきて希望進路をしぼると共に本当にその塾が自分の進路について一番頼れるところか考えてみたんです。

私の場合は、帰国子女枠だけで受験する予定で、一般受験とはかなり方法が異なったので自分の状況にどの塾が一番対応してくれるかをよく検討しました。また、周りの友人も同じように考えていたようです。


Q.振り返ってみて、違いはありましたか?


A.明らかにありました。事前に資料請求したのですが、電話で自分の状況とおおまかな進路を話したら、届いたパンフレットにおそらく私に必要であるカリキュラムなどがすでにマーカーで印されていたのには驚きました。

初めての来校の説明も細かさなどが明らかに違いましたし、生徒の状況をよく把握してくれそうだなと思いました。


Q.不安はありませんでしたか?


A.もちろんありました。私は帰国直後であった高3の夏に塾を変えたので、これでもし新しい塾が自分に合わなくても、残された時間の中でもう変えることはできないしそうしたら受験に失敗してしまうのではないかととても不安に思いました。

でも通い始めてからすぐ、スタッフの方や先生方の丁寧なケアを見て安心したのを覚えています。


Q.塾を変える決め手となったことは?


A.いくつかありますが、以前通っていた予備校ではカウンセラーのサポートが親身に感じられなかった事が塾を変える大きな決め手となりました。

三者面談なども設けられましたが、その大手の塾ではどの質問に対しても限られた内容の答えしか返ってこなかった覚えがあります。

自分で調べられる事は調べた上でそれ以上に受験の専門機関として持っている情報などを教えてほしかったのに全然教えてくれませんでした。結局時間の無駄のように感じてしまい、親とこれではまかせられないという結論に達しました。

私の希望進路についての専門性も大きな決め手でした。志望校に関しての専門的なアドバイスが他の塾と比べるとかなり充実していたのがトフルです。塾ならではのデータや体験談も公開してくれますし、ここがベストだと確信しました。


Q.塾を切り替えてよかった?


A.はい!不安もありましたが、トフルにしていなかったら志望校に合格していなかったと思います。前の塾での友人も結局他のところに変えたと後で話していました・・!

トフルに切り替えて一番良かった点は、多数生徒が在籍している中で、生徒の経歴だけでなくカウンセリングの内容を毎回ちゃんと把握してくれていていつでもスムーズに相談できたことです。また、カウンセラーの方や先生から積極的に生徒に声をかけてくださるのも心強かったです。

結果だけしかみない以前通っていた塾とは違い、一歩ずつ確実に一緒に受験にのぞんでくださっていると実感しました。


後輩に一言

受験が近づくにつれて、志望校をしぼり勉強も効率良く行わなければなりません。不安やプレッシャーがある中、どの塾が自分にとって一番心強い味方になってくれるかを見極めることが受験を成功させる鍵となると思います。

カリキュラムの充実性はもちろんのこと、スタッフの方々と先生方のケアの細かさ、また志望校への専門性も考慮したうえで選ぶのが大切です。

生徒は、一人一人違うバックグラウンドを持っているので受験へのアプローチも様々です。それにどれだけ柔軟に対応してくれるかを考え、より自分に合う方へ切り替えるか、またはダブルスクールすることを強くお勧めします!






各校問い合わせ先
  • 池袋本校
    03-5960-2711
  • 高田馬場校
    03-5155-7080
  • 渋谷校
    03-5766-0651
  • 四谷校
    03-5363-0351
  • 立川校
    042-521-3551
  • 調布校
    042-426-3811
  • 町田校
    042-709-5821
  • 横浜校
    045-661-0323
  • 藤沢校
    0466-50-7855
  • 大宮校
    048-643-3332
  • 船橋校
    047-422-9631
  • 大阪本校
    06-6315-4822
  • 名古屋校
    052-251-9056
  • 神戸校
    078-265-6560
  • 京都校
    075-253-6975
  • (C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.