TOEFL®,iBT対策のトフルゼミナール

トップ東京外大受験対策トップ>高3生通学コース 必修科目説明
高3生通学コース
必修科目説明
外大英語読解

東京外大で出題される長文読解問題は近年、大問が3題で定着しています。出題形式も、
大問<1>=内容説明中心の論述問題(字数限付)
大問<2>=単語の空所補充問題
大問<3>=長めの語句・文の空所補充問題(欠文補充)
の3つの形式が続いています。1000語を超える“超長文”が出題されることも多く(特に論述問題)、長い英文に抵抗感がないことが求められる上、論述と空所補充ともに、正しい文法に即した、論理的かつ的確な内容把握を必要とします。
高度な英語力が試されるこのような試験への効果的な対策として、根本的な英文の正しい読み方を身につける指導と、出題形式に沿った類似問題演習の両方を共に重視します。また、記述問題対策として、添削によるアドバイスを交えたきめ細かい指導を徹底します。


外大英作文

外大入試ではこれまで、様々な形式で英語を「書く力」を測ってきました。最近までは日本語のエッセイを読んで、(1)その要約と、(2)意見論述を英語で書く、という問題が続いていました。しかし、2013年以降は、新形式の「リスニングと英作文の融合」問題が出されています。「リスニングと英作文の融合」とは、まず英文の講義を聞き(2回)、その後、英語による参考資料を見ながら、(1)聞いた講義の内容を英語で要約し、(2)その内容に関連する設問に英語で解答する、というものです。それぞれ、150〜200語程度の分量を書くことが求められます。
この講座では、単語と文法を知っているだけでは対処しきれないこのような問題に対して、何をどのようにどういう順序で書くべきかを、年間を通じた講義と添削により丁寧に指導していきます。春学期には英作の土台となる文法・語法の徹底的チェックとライティングの基本を学び、秋学期には英語らしいパラグラフ構成の習得と新形式に沿った演習問題を通じて合格に必要な実力を養成します。


外大リスニング

近年になって、ますます比重が大きくなってきたリスニング問題対策の必修ゼミです。春学期はナチュラルスピードで録音された音声を用いて、英語の音の特徴を分析・理解しながら基本的な聴解力を養い、秋学期には、東京外大、東大、一橋大などの難関国公立大や主要私立大の過去問を演習することによって、リスニング問題解法のポイントを学ぶとともに、オリジナル作成問題を使用して実力養成を目指します。当講座は、外大の「リスニングと英作文融合問題」の対策としても大変有効です。



推奨選択科目

世界史詳解[100分x2時限連続]
春学期は、人類の誕生から始めて前近代までを終わらせ、後期にはルネッサンス以降から近現代を扱います。夏期・冬期の講習と合わせた系統的な学習により、トップ国公立・早稲田・慶應・上智などの最難関校の入試問題に対応できるよう必要知識を完全習得します。テキストは予習ができるよう空欄形式になっていて、そのまま受験用サブノートとして役立ちます。また、外大コース生のために別途論述対策プリントが配布され、論述の添削指導が行われます。

日本史詳解[100分x2時限連続]
難関大学の正誤問題には正確な知識が必要で、そのために独自の詳しいテキストに加え、解説をしながら正確な知識と自信が身につくように指導します。春学期は原始・古代から織豊政権まで、秋学期は江戸時代から現代までを授業します。直前期には、頻出のテーマ史を中心としたテストゼミが用意されおり効果的に即戦力をつけることができます。また、外大対策では日本史の論述プリントが配られ、2次試験対策も行います。

センター数学I A
過去に出題された問題演習を通じて基本的な公式から学習していきます。センター試験の数学は、助詞や接続詞に着目することが大切で、重要なヒントになっていることが多いのです。また問題数をこなせば出題傾向が見えてきます。


池袋本校
03-5960-2711
高田馬場校
03-5155-7080
渋谷校
03-5766-0651
四谷校
03-5363-0351
立川校
042-521-3551
調布校
042-426-3811
町田校
042-709-5821
横浜校
045-661-0323
藤沢校
0466-50-7855
大宮校
048-643-3332
船橋校
047-422-9631
大阪本校
06-6315-4822
名古屋校
052-251-9056
神戸校
078-265-6560
京都分校
075-365-5201
(C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.