トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ東京外大受験対策トップ > 東京外大入試の傾向と対策(英語・世界史・日本史)

東京外大入試の傾向と対策
(英語・世界史・日本史)

前期日程
(1)読解

形式:大問により、以下ように記述式と客観選択式の問題に分かれる。
大問1=内容説明中心の論述問題(字数制限付)
大問2=単語の空所補充問題(語形変化を求める場合あり)
大問3=長めの語句またはセンテンスの空所補充問題(欠文補充)
語数:700語弱〜1000語以上
内容:評論文中心(言語を中心に、文化、歴史、環境、自然、科学・技術、コンピューターなど多様)

(2)作文

形式:「リスニング+英作文」の融合問題。5分前後の英文レクチャーを2回聞いた後、ポイントの抜粋(参考資料)を見ながら、(1)聞いた英文の要約、および、(2)聞いた英文に関連する設問に英語で解答(意見英作文)。
語数:上記(1)と(2)それぞれついて、150語〜200語程度書くことが求められる。

(3)リスニング

形式:大問2題。それぞれ5分程度の講義、インタビュー、ラジオ放送などを聴いて、内容真偽(〇×問題)や選択型(3択)の英文完成に解答。「モノローグ(1人語り)」と「対話」が同じくらいの頻度で出される。2回聞ける場合もあるが、近年は1度のみの出題が多くなっている。

後期日程

長文の英文1題

(1)英文読解的要素
内容:国際社会・文化に関するもの
形式:
日本語による内容説明
部分和訳
日本語による内容説明
日本語による要約
語数:1000〜1500語

(2)小論文的要素
意見陳述:600〜800語

東京外大の世界史

* 外大世界史入試の出題形式は、全体で大問2題からなり、従来、400字論述を含む第1問、100字論述(最初の2006年度のみ150字)を含む第2問、という内容だったが、2018年度の論述問題は、字数が大きく変化している。第1問の400字論述は600字と字数が増し、第2問の100字論述は30字に圧縮された。これが、今後も継続されるかどうかはなんとも言えない。外大に即したより実践的な演習は直前期に行うが、このパンフレットでは、600字を書ききる練習素材として、出題傾向・形式は異なるのだが東大入試過去問題3題と例解を入れておくので活用してほしい。

* 大問はともに、史料・文献からの長大な引用文を題材とした出題である。世界史入試が始まった当初(2006年度〜)、第1問は90 〜 100行(1行34 〜 36字)、第2問20 〜 30行程度だったが、その後、それぞれ70行前後と、第1問・第2問の引用文分量が平均化していた。日本史入試が導入された2015年度から、第1問の引用文献が複数化(3〜4の文献)し、加えて設問文は第1問・第2問とも長文化して6〜 10行程度となり、これも論述問題の参考文章に組み込まれた。2018年度まで継続されている。2016年度から第1問・第2問とも引用文分量が増大し、2016年度・2017年度はそれぞれ第1問155行と147行、第2問102行と100行、2018年度は、引用文自体は第1問・第2問とも90行前後だが、各文献の解説や注が詳しくなっている。

* 2014年度入試では、日本史導入直前ということもあるためか、大学側から「出題の意図及び問題の特徴」「問題作成教員から受験生へのメッセージ」(後ろに掲載)「解答・解説」が初めて発表された。「引用長文」に関連して注目されるのは、「世界の歴史を歴史史料のなかから読み解く読解力や、それを論理的に叙述する力」を重視するという部分である。従来、「引用長文」は、論述テーマの背景を理解するうえで参考になるものではあったが、必ずしも論述内容に直結するわけではなかった。「引用長文」を史料として読ませ、論述に求められている要素を文章のなかから探らせ、テーマに即して再構成させる、という出題は、14年度入試で初めて登場したスタイルだった。2015年度は史料読解力重視という点は希薄だったが、2016年度・2017年度・2018年度とその性格が強まっている。2015年度から長くなった設問文に関して、2016年度の外大側講評には以下のように記されている。「(第1問の)問1〜問7の問題文そのものが、問8の論述問題を解答するうえでのヒントになっています。とくに、問4には決定的なヒントが書かれています。問われているのは、暗記能力ではありません。教科書から学んだ知識を活用して出題史料や問題文を正確に読み解くことができるか。読み解いた内容に依拠して論理的に思考することができるか。そのようにして得られた『答え』を的確に論述することができるか。この3つが問われています。」やや親切すぎる印象すら受けるが、設問文は引用文を読む上での解説となっており、特に論述に関しては最初に設問を読み、それを頭に入れたうえで「引用長文」を読んでいく、という手順は崩せない。

* 15年度から日本史受験が可能となった。世界史受験生にとって、それまでの「近現代の日本史を含む世界史」という出題範囲指定について、「メッセージ」にあるように、基本的なスタンスは変わらないと見てよい。ただ、以後、具体的に出題される日本史内容は、例えば山川世界史用語集にはない事項がほとんどである。2015年度の「津田梅子」、2016年度「野口英世」、2017年「岩見銀山」、2018年「湯川秀樹」「シーボルト」は、「常識」とか「教養」に近い知識で、世界史受験生にとって、正直なところ準備が難しくなっている。中学生向け『歴史』教科書の近現代史部分に目を通しておくと良いかもしれない。これら一連の人名などは基本的にすべて掲載されている。2017年度に「近代建築の父」「ル=コルヴュジエ」が出題されたが、2016年7月に彼設計の上野国立西洋美術館が世界遺産に登録されたこと抜きには考えられない。(同じく17年に出題された岩見銀山も2007年に世界遺産に登録されている。)狭い受験勉強に閉じこもるのではなく、現在起こっていることに関心を持ってほしいということだろう。論述テーマとして日本史関連が直接出題されたのは2006年度・2009年度そして2014年度、多くは単答設問で、2018年度の日本史関連出題は増加したが、今後、逆に出題されない年度もありうると想定される。本パンフレットの「日本史(近現代史)関連100字論述」は、世界史用語集に含まれる日本史事項の復習と100論述演習を兼ねて作成されたもので、ここ数年のトレンドからは外れているのだが、日本関連世界史の基本事項学習素材として残した。他に、日本史関連世界史を含む400字論述の例題5問(添削用に解答例は載せていない)も残した。

* 2008年度・2012年度に史料関連地図問題が出題されているのが注目される。論述問題以外は、すべて単答記述問題で、正誤判断や記号選択問題は出題されていない。14年度「出題者の意図」で「問うているのは、世界史の基本事項ばかり」とあるが、出題内容・難易度とも私大文系と同程度と考えたほうがよく、差のつきやすい「難問」も少なくない。

* 配点は第1問60点(うち、400字論述20点、600字となって25点)、第2問40点(うち、100字論述10点、ただし、06年度のみ150字で15点。30字になっても10点の配点は変わらなかった)である。単答記述問題に関して、2006年度には4点の設問も存在したが、2007年度以後はすべて各設問5点の配点となった。2010年度に二つの対になる語句を答えさせ、あわせて5点という設問が3題、2011年度は5題あり、2013年度1題、2014年度2題、2015年1題とそれぞれ出題され、2018年度に1題復活した。(2016年度は複数解答が必要な設問は1題で各5点計10点の配点、2017年度は出題されず。)設問数が少ないため単答記述の配点が大きく、1題のミスが大きな得点差となり易いので注意すること。

 

引用史料・文献一覧

2006年度 「清末アナーキスト劉師培の論文」と「ポスト冷戦・欧州統合」
2007年度 「三大陸人民連帯機構へのチェ=ゲバラのメッセージ」と「キリスト教世界と宗教寛容」
2008年度 「フサイン=マクマホン協定とサイクス=ピコ協定」と「ペリー艦隊日本遠征前の国務長官代理書簡」
2009年度 「リットン調査団報告書」と「プラハの春に参加し、フランスに亡命した作家ミラン・クンデラの中央ヨーロッパ論」
2010年度 「コミンテルン―東洋諸民族大会宣言1920」と「ド=ゴール回想録」
2011年度 「パリ条約(七年戦争)」と「明清交代に関する『華夷変態』及び『和蘭風説書』」
2012年度 「ハルツームのゴードン」と「ウィルソン十四カ条平和原則」
2013年度 「ドイツ三月革命へのチェコ・パラツキーの立場」と「シンガポール、リー・クアンユー回想録」
2014年度 「17世紀後半のフランス商人シャルダンの『ペルシア旅行記』」と「ベネディクト・アンダーソン『比較の亡霊』―東南アジアのナショナリズを扱った著作」
2015年度 1−A「イギリス外相カニングのブラジル独立問題覚書1822」、1−B「ビーグル号艦長フィッツロイ航海記1839」、1−C「ダーウィン航海記1845」と、2「近代アジアのフェニミズムとナショナリズム」
2016年度 「イエズス会宣教師3書簡、1699 〜 1703」と「橋本雅一『世界史のなかのマラリアー微生物学者の視点から』」
2017年度 ホセ・デ・アコスタ『新大陸自然文化史』1590年/「フッガー家よりカール5世への手紙」1523年/ベルニエ『ムガル帝国誌』1670年/新井白石『折りたく柴の記』1716年 と 成実弘至『20世紀ファッションの文化史─時代をつくった10人』2007年
2018年度 1-A「アイルランド飢饉に関する新聞記事と挿絵Illustrated London News,16 January 1847」、1-B「東亜同文書院研究部・北支那飢饉救済の調査」、1-C「ラッセル・アインシュタイン宣言、1955年」と「秋道智彌『オセアニアの地域史』2000年


幅広いテーマが取り上げられる。設問自体も様々な地域・時代を問う内容の場合がほとんどだが、2011年度は第1問18世紀中心、第2問17世紀中心、2012年は両問とも第1次世界大戦前後中心と、やや時代が限定される場合もある。いずれにせよ、総合力が試される題材である。

 

論述テーマ一覧

 

400字 100字(06年のみ150字)
2006年度 「日英同盟からワシントン会議まで」 「社会主義圏の危機」
2007年度 「ベトナム戦争の影響」 「ナントの王令」
2008年度 「パレスチナ問題」 「清朝朝貢体制から条約体制への転換」
2009年度 「世界恐慌から第二次世界大戦までの過程」 「オーストリア=ハンガリー二重帝国」
2010年度 「ボリシェヴィキ民族政策の転換」 「ウィーン体制」
2011年度 「七年戦争の非ヨーロッパ世界への影響」 「東アジアの冊封体制」
2012年度 「アフリカ分割」 「第一次世界大戦前後のアメリカ外交」
2013年度 「ドナウ沿岸諸民族の自立と国際政治」 「インドシナ戦争」
2014年度 「17世紀南アジア・西アジアのムスリム国家繁栄」 「第二次世界大戦期、日本の東南アジア侵攻」
2015年度 「ウィーン体制とイギリスの経済利害、奴隷貿易とラテンアメリカ独立」 「インド大反乱を契機とするイギリスによるインド統治の変化」
2016年度 「ネルチンスク条約の内容と締結の背景」 「19世紀、欧州列強海外進出における利益追求のあり方の変化」
2017年度 「新大陸産銀の世界交易に与えた影響とアジアに到達する経路」 「1920 〜 30年代アメリカ社会繁栄の経緯と社会の変化」
2018年度 「歴史上の災害と社会の対応」 「1788年にオーストラリアが流刑植民地とされた理由」

 

指定語句が付されているので、まったく書けないということはないだろうが、400字論述では「ベトナム戦争の影響」や「ボリシェヴィキ民族政策の転換」など、求められているテーマに即して全体の文章をまとめるのに、かなりの学力を要求される場合もある。100字論述「清朝朝貢体制から条約体制への転換」(100字)・「オーストリア=ハンガリー二重帝国」でも、鍵となるポイントをおさえ記述するのはかなり難しい。

当初、論実問題は主に19世紀以降が主な出題対象とされてきたが、2011年度18世紀七年戦争と東アジア冊封体制、2014年度17世紀アジア貿易、2016年度ネルチンスク条約、2017年度新大陸産銀と、近代初期を内容とする出題も目につく。

東京外大の日本史

東京外大は、2015年度入試から日本史科目の選択が可能になった。従来の論述を含む世界史の出題例から、外交史の分野の出題が予想され、その通りであった。2015年度の論述は一見すると外交史と関係ないようだが、日本文化に対する中国の影響を論じなければならず、2016年度は後期水戸学の中心思想である攘夷について触れなければならないし、2017年度の重工業の発展についてはアメリカからの鉄鋼輸入に頼っていたことに気づかねばならない。今後も近世と近現代の外交史を中心とする出題が続くだろう。

出題形式は、400字論述1問20点、100字論述1問10点、個別設問14問各5点から構成されており、70点の得点が余裕ある合格点であろう。論述で満点をとることは困難と考えられるが、個別問題は基本題であり、14問中1問か2問が難問であるだけである。2問か3問を落としても合格は可能であるが、そのためにも論述で半分以上は得点したい。史料文は理解できなくとも設問は解けるので、史料を懼れたり敬遠することはない。

400字論述は、指定された使用語句の使い方を間違わず、具体的に歴史経過を書けばよいので、知識が年表風に整理されていればまとめることは困難ではないだろう。ただし、字数が長いので書き慣れていることが必要である。

100字論述に関しては、2017年度の寛政の改革における飢饉対策は具体的にその対策を書く設問であるが、他年度は抽象的な解答が求められている。何でも書けるということだが、見方を変えれば設問の仕方が曖昧なだけに何を書いていいのか戸惑う受験生が多いのではないか。的確にまとめ上げる能力も問われる。特に2018年度の、明治初年における朝鮮属国視の論述などは考えたこともない設問だったのではないかと思われる。ただし、史料文のなかに属国視していたことについての文章が書かれており、史料文を正しく理解していれば気づいた受験生もいたのではないかと思われる。

論述は書きなれていないと、設問に沿った解答や時間内に書き終えることができないので、練習が必要である。『入試対策』のテキストに100字・200字・400字の練習問題があるので、それらを参考に練習と添削することが重要である。なお、直前講習では実践的な模試形式の対策を用意してある。

設問はいずれも中堅私大レベルの難易度であり、普段の学習で十分対応できるものである。外大の論述は、他の国公立大のように学習したことがないような、聞いたことのないような難問はない。大学側が受験生に多くを望んでいるのではなく、基本を確実に学んでいるかを問うているのではないかと考えられる。ただし、世界史と比較すると簡単な問題なので、今後問題の難易度を上げてくる可能性がある。

大学側が公表した「講評・解説」によると、「基本的な知識を問うものであり、それらを関連させることで、当時の日本が直面した問題への理解が深められるように配慮しています」とあり、問題の難易度は基本題であることは指摘した通りであるが、日本が直面した問題への理解が深められるようになっているかは疑問である。史料文の筆者の言いたいことを史料から読み取る出題になっていないことによるが、世界史の一部の出題に史料を読み取る設問があるように、今後はそのような出題も予想される。どこの大学でも同じだが、国語力が問われている。

また、教育の目標を「日本を含む世界で起きている事象や人々の暮らしや文化を学び、現代世界の問題を歴史的視点から考える態度を養うことが重要な柱の一つとしており、日本の文化や生活・経済に与えた外国の影響を問う出題が予想される。大学の教育目標に沿った出題として、民族差別や対外戦争に加えて国内の差別や地域の諸問題なども重要な課題である。

日本史入試科目の目的を、日本の「歴史を、広く世界的な視点から理解し、考える能力を持つ力を持っているかを、問うこと」としている。近代以降の、日本経済の発達の要因を世界との関連で理解したり、外交方針の選択・決定がどのような理由でなされたかを「世界の中の日本という視点で理解し、叙述することが求められるが、「力を持っているか」とは別次元のことであり、多くの受験生にとっては、そのようなことに関して習った断片的な知識を統合して一つの流れとしてまとめられるかであろう。受験生自身がそのような問題意識を持って学習するとともに、指導側も折に触れて世界との係わりに留意するように喚起すことが必要であろう。

 

論述テーマ

年度 400字テーマ            100字テーマ
2015年度 第一次世界大戦から太平洋戦争までの日米関係史 室町時代の日本文化の特徴
2016年度 近代の女性解放運動と参政権へ至る歴史 後期水戸学の思想の特徴
2017年度 近代の鉄鋼業を中心とした重工業の発達 寛政の改革の飢饉対策
2018年度 宣教師の活動と織豊政権の対応策 明治初年における朝鮮属国視
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2019 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.