私費留学帰国生の受験プランは?


交換留学帰国生でもない、帰国子女でもない、その特性


ここまでは、1年間の交換留学を終えて帰国する高3生のために書いてきましたが、最近は2年間留学し、現地高校を卒業して帰国する私費留学帰国生の方も増えています。これらの方々はどのような大学受験を考えたらいいのでしょうか?


ここで一度、現地高校卒業の私費留学帰国生の受験チャンスを、わかりやすいように1年間留学の交換留学帰国生と比較してまとめてみましょう。


私費留学帰国生
(2年留学・現地高校を卒業)
交換留学帰国生
(1年留学・日本の高校を卒業)
帰国子女枠入試 ×
AO・推薦入試
一般入試

帰国子女枠入試


一見しておわかりの通り、ここが私費留学帰国生にとって重要になります。以前は「親の仕事都合によらない単身留学者の帰国子女枠入試出願は認めない」というところも多かったのですが、近年はそれも大分緩和されてきました。まず、ここを狙うのが私費留学帰国生の場合本道であると言えるでしょう。


ただし、後述するように「親の仕事都合による帰国子女」と競争しなければならないため「私費留学帰国生が帰国子女枠入試に勝つには?」という特化した考え方をしなければなりません。


一般入試


一見「英語と現代文(小論文)などの一般入試なら大丈夫」と考えがちですが、2年間日本の教育を離れていた私費留学帰国生の場合、現代文や小論文にかなりの問題をかかえてしまうことが少なくありません。さらに、英語1科目だけの受験はまだまだ受験チャンスが少ないですから、ここは当然△評価になります。


そもそも、私費留学帰国生にとって一般入試は「帰国子女枠もAO入試も不合格だった場合の保険」という意味合いが強いのですから、まずは帰国子女枠・AO入試の2方法での受験をいかに勝ち抜くかを考えるべきです。


AO入試


近年は、上記の帰国子女枠入試がAO入試に吸収される傾向にあります。しかし、少なくとも現時点では、まだ「日本の高校卒業資格を持っていることを条件とする」という大学が多く、受験プランの中心に据えることは困難です。


また、よく言われることですが「AO入試も帰国子女枠入試も同じ心構え、同じ対策でよい」というのはあまりに乱暴です。そもそもが違う入試なのですから、それぞれの特性をしっかりとご理解ください。


まとめ


以上のことから、私費留学帰国生の受験プランは「帰国枠入試を本線に、AO・推薦入試をサブで」と考えるのが最も現実的なことがわかります。

サブのほうのAO入試突破のコツは、実は1年しか留学していない交換留学帰国生のそれとほとんど重複することが多いので、改めて前画面までを熟読ください。


問題は帰国枠入試です。「親の仕事都合により長年海外にいた帰国子女」と競争していかに合格するか、というのが私費留学帰国生のポイントなのです。



担当:清田





各校問い合わせ先
  • 池袋本校
    03-5960-2712
  • 高田馬場校
    03-3205-8015
  • 渋谷校
    03-5766-0652
  • 四谷校
    03-5363-0352
  • 立川校
    042-521-3771
  • 調布校
    042-426-3812
  • 町田校
    042-709-5822
  • 横浜校
    045-661-0879
  • 藤沢校
    0466-50-7740
  • 大宮校
    048-643-6268
  • 船橋校
    047-422-9635
  • 大阪本校
    06-6315-4833
  • 名古屋校
    052-251-9055
  • 神戸校
    078-265-6561
  • 京都校
    075-253-6975

  • (C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.