TOEFL®,iBT対策のトフルゼミナール

TOEFL,iBT対策のトフルゼミナール〔海外留学部門〕
語学留学:本場で語学と国際感覚を見につけよう!

国別留学スタイル
アメリカ
英国

オセアニア

カナダ
イベント情報
TOEFL®,iBT対策のトフルゼミナール:提携校留学
蜿篏翫ク門y筝メс☆
高田馬場校申込受付 事前予約要:03-3205-8017(有賀)

「学部留学種類と特徴」

4年制大学

アメリカとカナダの4年制大学は、日本の大学と同様、一般教養課程と専門課程を履修して学士号を修得します。一方、イギリスとオセアニアの大学は一般教養課程がなく専門課程を3年間で履修することが一般的です。

アメリカやカナダの4年制大学の特徴は、一般教養を終了するまでゆっくりと自分の希望と適正を考えて専攻を決めることが出来ることです。イギリスとオセアニアの学部留学の特徴は、日本の高校を卒業後、「ファンデーションコース」(約9ヶ月間)という進学準備コースで専門課程基礎科目を履修した後、大学に進学することになります。

2年制大学

アメリカとカナダの公立2年制大学は、地域住民のための教育を目的としているため、4年制大学に比べ学費も安く、小規模で入学条件も易しくなっています。4年制大学進学を目指す「編入コース」と、職業に直結した技能を身に付ける「職業訓練コース」にわかれ各自目標に向かい授業を履修していきます。


「海外で学ぶメリット」

留学イメージ

海外で学ぶことは、「英語力」を身につけるだけではありません。教養のある真の国際人としてあらゆる文化背景、価値観、世代、立場の人と共存する社会に身をおき、自発性を磨き、様々な状況下でベストチョイスを模索する行動力と問題解決能力を養うことが出来ます。


人気な専功

ビジネス・国際関係学・アスレチックトレーニング・コミュニケーション・ジャーナリズム・旅行学・ホテル/レストラン経営学・ファッションデザイン&経営学など


「出願準備、何が必要?」

書類

書類イメージ

出願には、各学校指定の入学願書、英語力判定試験スコア、高校や大学の英文成績証明書、英文銀行残高証明書や財政能力証明書は必ず必要となります。そのほかに各種統一試験スコアやエッセイ、推薦状、課題作品などの書類が学校により要求される事があります。


英語力/資格


アメリカ&カナダ

2年制大学入学に必要な英語力は、アメリカではTOEFL® 46-61点(iBT)・カナダではTOEFL®80点(iBT)以上が必要となります。4年制大学入学には、アメリカではTOEFL®61-80点(iBT)を要求する大学が多く、またレベルの高い大学やカナダの大学は80-100点(iBT)が必要となります。また一部の大学ではSATスコアの提出を求められることもあります。

イギリス&オセアニア

進学準備コースに入学する際には、IELTS4.5以上もしくはTOEFL®46点(iBT)以上が必要です。また学部入学時点ではIELTS6.0以上(TOEFL®80点(iBT)以上が求められてきます。

学部留学費用

学部留学で必要とされる費用は、主に授業料と生活費で年間約130から550万くらいかかります。費用の差はほとんどが授業料で私立か公立か、2年制大学か4年制大学かの違いです。また、滞在方法が寮かアパートかによっても異なりますし、地域による物価の影響などで変わってきます。


「留学後の進路」または「気になる留学後のキャリアプラン」

海外で働く

海外で働くイメージ

卒業後、帰国する前に大学で学んだ専門知識やスキルをOPT(オプショナルプラクティカルトレーニング)を利用して実社会で実践させる機会があります。各地域でその有無や期間は異なりますがアメリカでは最長1年間有償で就労することが可能です。

在学中、企業や団体にて専攻に関連した就業体験をするインターンシップを利用して実社会にでる前にビジネスの現場を知り、業界の仕組みを理解することが出来ます。海外では非常に盛んに行われている制度で、多彩な業種や企業がその門戸を開いています。


就職

もちろん海外で働く可能性も広がる学部留学ですが、卒業後日本で働く場合、企業が留学生に求める人材は「英会話力・専門性はもちろん、前向きな姿勢とコミュニケーション能力、さらに企業文化や業務への適正」といわれています。一般的に自信と意欲、元気の良さが留学生の魅力。しかし就活に対する認識とツメの甘さが問題と指摘されています。


TEL:03-3205-8015 or 03-3205-8017
  • メール相談
  • 資料請求
  • アクセスマップ

  • 高田馬場本校
    03-3205-8015
  • 池袋校
    03-5960-2712
  • 渋谷校
    03-5766-0652
  • 四谷校
    03-5363-0352
  • 立川校
    042-521-3771
  • 調布校
    042-426-3812
  • 町田校
    042-709-5822
  • 横浜校
    045-661-0879
  • 藤沢校
    0466-50-7740
  • 大宮校
    048-643-6268
  • 船橋校
    047-422-9635
  • 大阪本校
    06-6315-4833
  • 神戸校
    078-265-6561
  • 名古屋校
    052-251-9055
  • 京都校
    075-253-6975

(C) TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.