トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ 帰国生対策
国際系大学に圧倒的な合格実績!

トフルゼミナールでは、国内外における新型コロナウイルス感染症の影響拡大にともない
海外から帰国された方に関しましては日本に入国後、2週間経過してからのご来校、通学をお願いしております。

お急ぎの個別相談や面談をご希望の場合は、ビデオ通話、メール相談、もしくはお電話にて随時対応しております。

詳しくは、トフルゼミナール各校までお問合せください。

お問合せはこちらから
トフルゼミナール海外帰国入試説明会
2020帰国生大学受験対策案内
各校スケジュール
2020一時帰国生夏期講習会案内
各校スケジュール
海外在住者のためのon-line夏期講習会案内
CLOSE
トフルゼミナール海外帰国入試説明会
2020年海外説明会予定地域
※詳細日程がまとまり次第ご案内いたします。
都合により変更になる場合がございます。
CLOSE
トフルゼミナール海外帰国教育センターオンライン講演会
(サマープログラム紹介)
国際系大学&英語学位プログラム大学・学部に圧倒的な強さを誇るトフルゼミナールの強み
帰国入試対策は全16校舎で実施

関東・東北(東京・神奈川・埼玉・千葉・宮城)、中京(名古屋)、関西(大阪・京都・神戸)、九州(福岡)の全17校舎で帰国入試、一時帰国生対策を実施しています。

校舎:高田馬場本校・池袋校・渋谷校・四谷校・立川校・調布校・町田校・横浜校・藤沢校・大宮校・船橋校・仙台校・名古屋校・大阪校・神戸校・京都校・福岡校

一時帰国生の英語対策:TOEFL/SAT/帰国小論対策等を実施しています。

CLOSE
合格者の声
東京大学教養学部 国際日本研究コース(PEAK)  AO入試
安丸 芽生さん
Dr. Richard A. Vladovic Harbor Teacher Preparation Academy
他合格
早稲田大学国際教養学部、University of California, Los Angeles、University of California, San Diego、California State University, Long Beach、San Diego State University、California Polytechnic State University
『トフルゼミナールで英語、エッセイ、面接指導まで受けられました』

私は元々、帰国子女入試の小論文対策として、トフルゼミナールに通っていました。その中で、秋入学のAO入試制度がある学校を教えていただき、英語力を維持できることに魅力を感じました。また、先生に「十分可能性はある」と仰っていただけたことが受験するきっかけになりました。  

出願書類を準備する際には、先生にエッセイに対する的確なアドバイスを頂けて、考えの浅い点などの改善が出来ました。  

書類審査を通過後、二次審査に向けて、模擬面接をしてもらいました。それによって、自分の持っている知識をうまく、柔軟に引き出せるようになるのが大事だと感じました。  

実際の面接を受けて思ったのは、自分が面白いと思ったことや自分にとって印象深かったことを知識として忘れないようにすることが大切だということです。それらをつなぎ合わせて自分の考えを示す事が出来るようになれば、皆さんの大きな糧になると私は思います。

一橋大学社会学部 外国学校出身者入試
Y・Kさん
Lafayette High Schoo出身
他合格
ICU、上智・外国語、愛知教育大
『トフルゼミナールの恵まれた環境で全力を尽くす!』

一橋大学の試験に向けて最後の約2ヶ月は、毎日試験当日と同じ朝10時半から、赤本などの英語過去問を解いていました。小論文対策のための個別授業では、自分の解答をもとに的確な指導をしていただき、一つ一つの小論文に時間をかけることで質の向上を目指しました。「課題文で気になった点はありますか?」と授業で何度も聞かれる事があったのですが、何も言えなかった事が多々あり、自分には批判的に読む力や物事を関連づけて考える力が足りていないと痛感しました。そのため、わからないことがあったらとことん調べ、本や記事を読み、考え続けるように努めました。トフルゼミナールのカウンセラーや講師の方々はどんな時も支えてくださいます。この恵まれた環境を活かせるかどうかは最終的に、受験生である自分が何をするかにかかっています。自分が今すべきことは何かを考え続け、本番でその時の自分にできる全力を尽くせば結果はついてくると思います!

九州大学教育学部(帰国入試)
E・Fさん
John Paul College Rotorua(ニュージーランド)
『明確で丁寧な指導で自身が持てた』

通学を決めた理由として、海外からでもスカイプを使用して授業を受けることが可能なところがありました。また、大学入試だけでなくTOEFLなどの対策を同時に行えることも通学を決めた理由の1つです。進学先の大学を選んだ理由は、自分が学びたい分野を勉強できる学部があったことと、取得したいと考えている資格を取得できるカリキュラムがあったことです。さらに、校内の環境が非常に整っていることも決め手となりました。

受験勉強をする中で、一般入試と違って明確な答えや合格基準が存在しないため、どう勉強すればいいか分からずに模索したことが大変でした。これに対しては、小論文やプレゼンテーションの練習の際に先生に指摘されたところは必ずノートにとって何度も見直し、同じ間違いを繰り返さないように意識するようにしていました。また、どんな問題が来ても思考を柔軟にして答えられるように、様々な本を読んで視野を広くしようとしていました。

さらに、トフルゼミナールでTOEFL対策を受けていたことで、英文の問題文を読む際に重要な部分を早く見つけることに役立ったと思います。 小論文やプレゼンテーション、グループディスカッションの対策をして頂いたのですが、明確で丁寧なきめ細かい指導だったので自分が出来ていないことをしっかり意識して改善し、自信を持って受験に望むことができました。また、担当の先生が全力で応援、サポートしてくださりとても励みになりました。

受験勉強には終わりがなく、すぐには努力が結果に現れないこともあるので苦しくなる時がたくさんあると思います。しかし、自分が今頑張っていることを信じて継続していけば、必ず自分の力になるので自信を持って頑張ってください。

岡山大学グローバル・ディスカバリー・プログラム(AO入試)
A. Yさん
Sekolah Pelita Harapan Lippo Cikarang(インドネシア)
他合格
立命館アジア太平洋大学
『トフルゼミナールの先生とじっくり向き合って対策』

中学生の頃から日本の大学に進学すると決めていたがリサーチをしてこなかったため、たまたまネットで見つけた岡山大にIB入試で受けたら条件付き合格をもらいました。Predicted grade32点で満足してしまい勉強しないままFinalテストを受けました。すると、22点にスコアが落ち、岡山大の条件を満たすことが出来ず、大学が決まらないまま日本に帰ってきました。今まで、まともに準備をしてこなかったため何から始めたらいいのか分からず、家で時間を持て余していました。母に薦められトフルゼミナールに来ました。担当の先生に当時の状況とスコア、進学したい大学など色々なことについて話しました。その時、まずTOEFL iBTのスコアを上げようと言われ、対策をはじめた結果、99点まで上がりました。エッセイ対策では、数時間にわたり1人の先生と何日もかけて自分のアイデアや体験談を語り合い、エッセイを作成しました。エッセイを作成するだけでなく、自分の考えや色々なアイデアをまとめることも出来、すごく印象に残っています。面接対策では、複数人の先生たちに質問され、いい練習になりました。大変だったことは、面接が日本語と英語の両方だったことです。面接は一次試験の合格書には英語での試験と書かれていたもののなぜか半分以上が日本語で行われました。英語での対策しかしてこなかったので最初は戸惑いましたが、面接対策の時に日本語で自分のアイデアを説明したことがあり、問われたことには自分の思っていることを上手く答えられたかと思います。

上智大学文学部新聞学科(海外就学経験者入試)
H・Kさん
Berkeley International School(タイ)
他合格
学習院大学文学部
『トフルゼミナールで英語対策から小論文・現代文まで対策できる!』

 海外に滞在中は、英語資格試験のスコアアップに力を入れました。SAT Test⇒TOEFL Testの順番で集中的に勉強しました。小論文や現代文の対策はトフルゼミナールに入学してから始めました。新聞学科の試験は特殊で、受講しながらも「皆と同じ内容で大丈夫なのかな?」と心配になったりもしました。  

でもトフルゼミナールの小論文の授業は、試験で非常に役立ちました。繰り返し書き、やり方を身に着けることが大切です。また、新聞学科を受験予定の方は、とにかく時事用語を知っておく必要があります。私は試験対策として、時事用語をそれぞれ60字でまとめる練習をしました。  

練習したものが出題されるとそのまま記述でき、自由作文のテーマ対策にもなるので、このやり方はとてもお勧めです。面接は圧迫のように感じても、一度落ち着いてハキハキと話し続けることが大切です。  

受験は不安なこともたくさんあるかもしれませんが、とにかく自分を信じて頑張ってください。

立命館大学経営学部国際経営学科(AO入試)
N.Aさん
Eastlake High School(アメリカ)
他合格
近畿大学国際学部グローバル専攻
『手厚いサポートで難度も書類を書き直しました』

私は他の帰国生と違い、英語力が高くなかったので帰国生としてのぞむ受験に対して不安を持っていました。志望校としては兄が立命館大学に在籍をしていることもあり、興味を持っていた同大学を受験することを予め決めていました。私は帰国後の6月末からトフルゼミナール神戸校に通い、立命館大学の出願書類は15回ほど、併願校として受験した近畿大学の出願書類は10回ほど人間力養成講座をご担当いただいた先生や担当カウンセラーの指導のもと繰り返し書き直すことで、完成させることができました。今、自分が初めて書いた出願書類を見返すと恥ずかしくなるほどですが、それを合格できるレベルまで導いていただいた先生方には感謝しています。書き始めのころは戸惑うことも多いのですが、必ず自分が納得できる文章を完成させることができるので、これから受験する皆さんには辛抱強く頑張ってほしいです。  AO入試は自分が思っていたよりも大変で忍耐力が必要でした。しかし、手厚いサポートをしてくれるトフルゼミナールに通えば合格の道は近づくので、合格したい人はこの塾に通い合格をつかみ取ってください!応援しています。

南山大学国際教養学部国際教養学科(帰国入試)
A.N さん
Lafayette High School (アメリカ・ケンタッキー州)
『講師・カウンセラー・チューターの三位一体指導で合格!』

私はアメリカの学校に約2年間通っていたことから、帰国生入試を使って受験をしました。南山大学の帰国生入試には、出願書類、現代文と英語のテスト、小論文、面接が必要だったため、帰国後トフルゼミナールに通い始めました。 南山大学の場合、志望理由書の文字数の指定がなかったため、事前に何文字程度記入することが出来るかを見込んで書き進めました。志望理由書は、試験当日の面接の際に非常に重要となってくるため、「人間力養成講座」で丁寧に内容を確認して頂きました。初めは、文章の構成にまとまりがなく、学びたいことと将来の夢に一貫性がありませんでしたが、先生方や担当のカウンセラー、チューターの皆さんに何度も相談に乗ってもらい、納得のいく志望理由書を完成させることが出来ました。 現代文と英語のテスト、小論文については、「Grammar & Writing」、「Independent Writing」、「難関大現代文」、「慶應小論文」の授業を履修しました。特に、「Independent Writing」と「慶應小論文」の授業では、毎回先生方がとても丁寧に添削して下さり、文章を書く上で自分の苦手なところが明確になりました。そのため、その箇所を集中的に取り組み、本番までに間に合わせることが出来ました。 面接では、チューターのフォローアップを中心に担当のカウンセラーや先生方と何度も練習を組んでもらい、内容や表現の仕方などを細かくアドバイスして頂きました。私は、緊張のせいで自信がなくなってしまうことが課題でした。しかし、何度も面接練習をして頂いたおかげで、徐々に自分の話している内容に自信を持てるようになりました。当日、志望理由書の内容に沿った難しい質問を聞かれることが多かったのですが、焦ることなく練習と同じように肩の力を抜いて面接に臨むことができ、練習の成果が出せたためとても嬉しく思います。 トフルゼミナールのカウンセラー、チューター、先生方が親身になって受験のサポートをして下さったおかげで、無事第一志望校を合格することが出来ました。受験のための勉強は、そこで終わることなく、必ず今後に繋がってくると思います。最後まで諦めずに頑張って下さい!

関西学院大学教育学部幼児教育学科(グローバル入試)
N. Kさん
The University of Winnipeg Collegiate(カナダ)
『絶対に合格したいという気持ちを持てた』

小論文や英語論述は、過去問を解きながら大学の出題傾向を掴むようにしました。そして面接は、教育に関する時事問題を把握し、それに対する自分の意見を確立させていたのはとても役に立ったと感じました。最初は関西学院大学に入るのは無理だと諦めていました。しかしカウンセラーの方に 無理じゃない、あなたならいける と背中を押され、諦めずに目指した結果合格に繋がりました。カウンセラーの方や先生方のサポートがあってこその合格だと思います。受験生の方は夢や自分のやりたいことを強く持ち、それの実現を助けてくれる大学を選んでください。行きたくても自分には少し厳しいかな、と感じるところでも、絶対に諦めずに出来ることを全力で尽くして下さい。

CLOSE
充実したカリキュラムと人間力養成講座

国公立帰国入試対策
難関大英文論述記述演習、難関大記述英作文、英文論述記述、記述英作文、
帰国生小論文、帰国生現代文
国公立AO・推薦入試対策

英語資格対策
TOEFL® Test対策、SAT® Test対策、IELTS® Test対策
※TOEFL® Test対策Prep..講座もあります。

<人間力養成講座とは>
小論文、面接、志望理由書、自己推薦文対策の授業です。授業形式は「講義」+「ディスカッション&ディベート」+「プレゼンテーション」+「インタビュー」で構成され、参加型の中で自分から発信する「表現力」と相手の意見を聞く「コミュニケーションの能力」を身に着けていきます。 当講座では、言語運用能力を強化し、社会的視野を身に着けるとともに自己把握力を育てます。当講座により出願時の書類に個性と深みを与え、面接時にぶれない意見を作るという当校独自講座です。今までの帰国入試、AO推薦入試の圧倒的な合格力は、この講座から生まれると言っても過言ではありません。

CLOSE
進路情報という受験対策

トフルゼミナールは“情報”こそ最大の受験対策と考えています。
世界どこにいても進路カウンセリング実施
最新の進路情報と対策アドバイス
・受験大学選定
・出願資格・書類
・4月入学、9月入学情報
・難易度
・合格レベル(どこまで必要か)
専門カウンセラーが定期的にコーチングを実施

科目対策(Web学習&添削指導)
TOEFL® Test対策、TOEIC® Test対策、SAT® Test対策、小論文添削(日本語&英文)、志望理由書・ESSAY添削、英文論述&Writing添削等
志望大学に応じた組み合わせで効率的な対策ができます。

グローバル・アドミッション(GA)コース
定期学習コーチング&Web学習コースです。ただ受験対策をするのではなく、専門カウンセラーにより定期的に進路カウンセリングや志望校選定、効率的対策などをアドバイスします。“情報”こそ最大の受験対策です。

CLOSE
イベントメニュー
NEWS
高校入試対策
トフルゼミナールが得意とする高校入試対策として通常の学習塾では対策が困難な以下のような高校対策を実施しております。対策をご希望の方はぜひお問い合わせください。

慶應ニューヨーク学院進学コース

2014-2017年度合格実績 29名合格

都立国際高校IB対策

ICU高校 一般・帰国入試対策

早稲田・慶応付属高校対策

同志社国際・立命館宇治帰国入試対策

他、高校帰国入試対策
・茗渓学園、渋谷教育学園幕張、暁星国際、江戸川女子、桜丘、聖学院、かえつ有明、関東国際、富士見丘、啓明学園、桐朋女子高校等

CLOSE
海外留学という選択肢
海外正規留学の専門予備校として設立されたトフルゼミナールの最も得意とするところです。最近では国内の国際系大学と海外大学を併願される学生が増えています。ますますグローバル化する時代に、海外大学進学がもう一つの大学選択肢となることが当たり前の時代になりいつつあります。国内・海外併願も安心してお任せください。
<2017年9月現在・161名が合格うち77%がUC系列校>

西海岸
UC Berkeley 43名、UCLA 49名、UC San Diego 77名他UC 219名(述べ合格者数)
Univ.of South California 4名、California State Univ. 72名
Seattle Univ. 5名他多数

東海岸
Cornell Univ. 1名、Columbia Univ. 1名、New York Univ. 5名、Boston Univ. 7名、Indiana Univ. 5名、Northeastern Univ. 5名他多数

CLOSE
寮案内
トフルゼミナールでは、帰国される生徒さんたちが最寄りの校舎で対策できるよう提携先の寮をご紹介しております。寮はトフルゼミナールのある東京・神奈川地区、名古屋、関西、福岡と最寄り校舎の寮をご紹介していますので、お気軽にお問い合わせください。 詳しくは以下でご確認ください。 学生寮のご案内
CLOSE
  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール