トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トフルゼミナール|大学受験、AO推薦|国内受験部門のトップページ
トップ > 英検®対策
【本物英語】のトフルゼミナールが提供する新しい英検対策プログラム

大学入試改革においては外部英語資格試験の新共通テストへのスコアの導入は延期となりましたが、大学入試における英語の重要性が下がったわけではありません。

トフルゼミナールは高卒時の英検準1級レベル(CSE2300以上・CEFR基準B-2以上)の取得は多様化するすべての入試や進学の選択肢を拡げる最低限の基準としても、または将来国際社会で生き抜くコミュニケーション能力としても必ずクリアしておきたい基準として考えています。

一般入試しか考えていないので、英検は必要ない!?

いわゆる難関大学の英語レベルは語彙レベルでいえば6000語から8000語の語彙レベルの運用力が要求されます。英検準1級レベルは語彙レベルでいえば7500語〜と言われており、難関大一般入試の英語を突破するためには是非ともクリアしておきたいレベルです。

こんなに広がる進路の選択肢

現在では一部の医療系学部を除くと学校推薦型選抜(指定校推薦・公募)と総合型選抜(AO入試)を合わせると一般選抜(一般入試)の割合を越えている大学が多いのをご存じでしょうか。実はここでも英検準1級レベル(CSE2300以上・CEFR基準B-2以上)は多くの難関大学で出願基準、あるいは合格に有利な資格として利用することができます。

多くの難関大学において定員が厳格化されており全体が難化傾向にありますので、学校の成績さえ良ければ指定校→公募→AO→一般と同じ大学に何度もチャレンジできるチャンスが広がります。一部のトップ国際系大学を除くと準1級相当の英語力=難関大学の英語入試試験を突破できる力と考えても良いでしょう。

但し英検準1級レベル以上の力を身に着けるためにはしっかりとした学習プランが必要です。

トフルゼミナールは読む・書く・聴く・話すの4技能を以下のように身につけさせます。

トフルゼミナールの英検準1級 一次試験対策

現在の英検は素点ではなく、CSEスコアとうものに換算され合否が判断されます。その目的は4技能の得点差が大きい受験者を排除することにあるようです。そのためCSEスコア導入以前の英検では極端な例としてライティングが0点でもリーディング、リスニングが満点であれば合格していましたが現行試験ではそのようなことがなくなりました。従って受験生の皆さんには4技能を満遍なく学習する必要が生じています。

合格者の実例を見てみるとリーディング正答率が約70%でもCSEスコア得点率80%に換算される一方で、リスニング正答率90%に対してCSEスコア得点率89%に換算されるという場合があります。そこで本講座では換算方式が明らかにされていないCSEスコア得点率ではなく、素点で目標を設定することにします。

その上で本講座をご受講していただく目的は各セクションの傾向を徹底的に分析し、自分の英語力不足を事前準備によって補うことにあります。もちろん対策をせずとも本当の英語力があれば合格できますが、多忙な現役高校生がその他の学業と両立して目標を達成するには傾向分析が不可欠です。

本講座を通じて「自分だけではできない万全の事前準備」をし、ゆとりを持って合格できるようにすることができるようになれば、他の試験の準備にもとても良い影響が出てくると過去の経験から断言でします。皆さんのご参加をお待ちしております。 

担当講師 小川慶

リーディング対策例 目標CSE600点以上(750満点中)
CSE2300点レベルの標準語彙数は7,500語〜9,000語です。

まずは自分の語彙力が現在でどの程度か知っておくことが重要です。それでは英検準1級に必要な語彙を取得するにはどうすればよいでしょうか。有効な語彙力強化の教材はこちらで指定をします。

これによりリーディングで合格点に達するためには単語セクションで22/25を目指します。この得点率を素早く自信を持って取れるようになれば、そのあとの長文セクションは余力で合格水準に達します。

本講座では長文セクションの読解方法も練習しますが、なによりも単語セクションでの高得点を重視することが合格を確実なものにしてくれます。

ライティング 目標CSE600点以上(750満点中)

ライティングは最も自力の差が一番大きく出てしまう問題です。ただし完璧な解答を作り上げる必要はまったくありません。重要なのは合格者の平均的な文章との差をつけられないようにすることです。

そこでテンプレートを事前に完全なものを準備し、本番ではそのテンプレートに材料を載せる訓練をします。テンプレートだけは完全なものを準備し、そこに内容は不完全ながら文法的に正しい英文を載せさえすれば、合格点に達します。

過去の合格者を見てきた私はこれを断言できます。またライティングには様々なテクニックが存在します。有効なテクニックを身につけて本番に臨める準備をします。

リスニング 目標CSE600点以上(750満点中)

短めの(80語前後)聞く、150語程度の複雑な内容を聞く、雑踏の中等より日常的な状況下で英語放送分を聞く形式の3つのセクションを対策します。

リスニングセクションの本丸はずばり、Part1です。ここだけはミスが許されないセクションだと思ってください。11/12という得点目標を目指し、対策を行います。これまで多くの合格者を見てきましたが、Part1だけはどの合格者もほぼ満点を取ってきます。

試験に合格することは決して満点を狙うことではなく、合格者平均点の中に収まることが肝要です。他の合格者がほぼ満点を揃えてくるセクションではあなたが遅れと取るわけにはいきません。

設問が問題文に記載されていないことに対する対策を講座で演習します。Part1でほぼ満点を取れば、リスニングセクションに関しても他のPartは余力で合格点に達します。

二次試験・スピーキング CSE512満点

日常的なシチュエーションの四コマのイラストを英語で説明できる力を身に着けます。 二次試験でも事前準備がものを言います。本試験が終わってから合格発表を待ち、それから対策をするようでは手遅れです。

本試験が終わった週から二次試験対策のテンプレートを使い練習を繰り返し、大事な部分で自分の意見をしっかり伝えられるように準備をします。繰り返しますが、あらゆる試験は事前準備がすべてです。自信を持って本番に臨みましょう。

まずは英検2級から段階的に 一次試験対策

リーディング対策例 目標CSE 510点(650満点中)

CSE2000点レベルの標準語彙数は3800〜5100語です。

Part1の短文穴埋め問題で落とさないことがスコアメイクの鍵です。シンプルですがどれだけ単語や熟語の意味を知っているかが勝負です。5100語を目指しましょう。

Part 2の長文空所補充問題は文脈全体や論理構成を捉える訓練が必要です。Part 3の長文内容一致問題は原則1つのパラグラフの中に1つの設問の答えがあります。

答えとなる選択肢はほとんどの場合言い換えられているので、表現の言い換えに気付く能力が大事になります。

ライティング 目標CSE 510点(650満点中)

ライティングは最も自力の差が一番大きくでる問題です。

第一に問われた事に対して答えるということを心がけるようにしましょう。これは思ったより難しく、いざ書いてみると聞かれたことからずれてしまうことが多くなります。

書き出す前に1.質問に対しての自分の答え 2.自分の答えをサポートする理由を2つ 3.結論の3点の構成を考えてから書き出すと良いエッセイが書けます。第二にミスの少ない文章を心がけるようにしましょう。

ライティング 目標CSE 510点(650満点中)

ライティングは最も自力の差が一番大きくでる問題です。

第一に問われた事に対して答えるということを心がけるようにしましょう。これは思ったより難しく、いざ書いてみると聞かれたことからずれてしまうことが多くなります。

書き出す前に
1.質問に対しての自分の答え 2.自分の答えをサポートする理由を2つ 3.結論の3点の構成を考えてから書き出すと良いエッセイが書けます。第二にミスの少ない文章を心がけるようにしましょう。

リスニング 目標CSE 510点(650満点中)

英検2級は日常のあらゆる場面が設定されている特徴があります。 会話の内容一致問題は会話の中にあるヒントから答えを導きだす必要があります。日常の場面を思い浮かべながら聴くと答えにたどりつきます。2往復のやり取りで終ってしまうので、会話を聞き逃さない集中力が重要です。文章の内容一致問題は50〜70語の英語文章を聞きます。問題の選択肢を先読みして、どのような点に注意して聞けば良いのか予想する力を身につけておきましょう。

二次試験・スピーキング CES 460点満点

スピーキングは黙読、音読、質問と応答という構成になっています。まず、音読では全体像を把握することを意識しましょう。全文和訳をする必要は全くなく、大まかに文章を理解します。

音読は文章の区切れを意識することが重要です。適切な位置で文章を区切ることで文章の理解度をアピールできます。

質問と応答のイラスト問題では最初の文章で場面をしっかり理解し、5〜6文で説明をできるようにしましょう。また、難しい英語表現は自分なりに言葉をかみ砕いて話すことも大事です。

カリキュラム例(英検準1級レベル:CSE2304点以上)

プログラム開始時
●CSEスコア1550点以下
●第二回本試験受講予定
の方の受講例

  コア科目 直前対策 個別補強
4月〜6月

2〜4科目

本試験直前対策講座(第一回対策)

1日300分×6回

(4月〜5月)

Speaking個別対策

(30分×6回)

7月〜8月

夏期講習

(オプショナル)

本試験直前対策講座(第二回対策)

1日300分×6回

(8月〜10月)

Speaking個別対策

(30分×6回)

9月〜12月 2〜4科目
12月〜1月

冬期講習

(オプショナル)

本試験直前対策講座(第二回対策)

1日300分×6回

(11月〜1月)

Speaking個別対策

(30分×6回)

1月〜3月 2〜4科目
3月〜4月

春期講習

(オプショナル)

   
※コア科目・・・英語力のベースを作る科目
※直前対策・・・本試験問題の研究対策
※個別対策・・・スピーキング補強対策

英検1級対策・英検準2級以下の対策

英検1級対策や準2級以下の級数対策に関してはレベル別にカスタマイズいたします。詳細は各校舎にお問い合わせください。

最後にトフルゼミナールでは、実に半数近い卒業生が大学合格時(高校卒業時)までに英検準1級レベル(CSE2300以上:CEFR基準B-2)以上の英語力を身に着けて大学に進学されています(校舎によっては80%を越えることもあります)。

トフルゼミナールのOB/OG生はその多くが大学在籍時に大学交換留学のプログラムにも参加していますし、その後の就職においても国際舞台で活躍している方を数多く輩出しています。

そういう意味では英検準1級レベル(CSE2300以上:CEFR基準B-2)というのは実はチャンスをつかむための通過点に過ぎませんが、できるだけ多くの皆さんにまずはこのレベルを取得して頂くことで将来への選択肢を拡げてもらえればと考えています。

カリキュラム詳細などについて知りたい方はまずはトフルゼミナールの進路カウンセラーよりレベルやスケジュールに合ったカリキュラムをカスタマイズさせていただきますので

一度お問い合わせください。

※英検1級対策、英検準2級以下の対策に関しても最寄りの校舎にお問い合わせください。

  • まずは無料個別相談へ
トフルゼミナール
(c)2020 TS-Planning Co.,Ltd. All rights reserved.